シャルル・ルクレールの2018年12月のF1情報を一覧表示します。

ロス・ブラウン「シャルル・ルクレールは“ポスト・アロンソ世代”の筆頭株」

2018年12月20日
F1 シャルル・ルクレール
F1のスポーティングマネージャーを務めるロス・ブラウンは、2019年のF1世界選手権で新世代の才能が登場することに興奮していると語り、“ポスト・アロンソ世代”の筆頭株としてシャルル・ルクレールの名前を挙げた。

今シーズン限りで長くF1界のスーパースターのひとりとして君臨してきたフェルナンド・アロンソが引退。一方で、2019年にはシャルル・ルクレールがフェラーリ、ピエール・ガスリーがレッドブル・レーシングとトップチームに昇格する。

シャルル・ルクレール 「F1デビュー当初は委縮していた」

2018年12月17日
F1 シャルル・ルクレール
シャルル・ルクレールは、F1デビューシーズンの序盤は、ジュニアキャリアよりも多くの人々に対処しなければならないことに“萎縮していた”と認める。

“F2チャンピオン”“フェラーリ期待の新人”という肩書きを引っ提げてザウバーでF1デビューを飾ったシャルル・ルクレールだったが、序盤のザウバーに競争力はなく、開幕3戦でポイントを獲得することができなかった。

シャルル・ルクレール、フェラーリ1年目の目標は“2勝”

2018年12月16日
F1 シャルル・ルクレール フェラーリ
シャルル・ルクレールは、フェラーリに移籍する2019年のF1世界選手権での目標として“2勝”を掲げている。

今年、ザウバーで印象的なデビューシーズンを過ごしたシャルル・ルクレールは、2019年にキミ・ライコネンの後任としてフェラーリに加入。4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルとチームを組む。

セバスチャン・ベッテル 「ルクレールが加入しても基本ルールは変えない」

2018年12月12日
F1 セバスチャン・ベッテル シャルル・ルクレール フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、2019年にフェラーリにシャルル・ルクレールが加入しても、これまでのチームメイト全員に適用してきた基本ルールは変えることはないと述べた。

数年間、セバスチャン・ベッテルはキミ・ライコネンとフェラーリで調和のとれた関係を築いてきた。しかし、シャルル・ルクレールの加入により、チーム内のパワーバランスに変化が出てくるのではないかとの見方がある。

「シャルル・ルクレールはフェラーリの起爆剤になる」とロス・ブラウン

2018年12月9日
F1 シャルル・ルクレール フェラーリ
F1のスポーティングディレクターを務めるロス・ブラウンは、2019年にシャルル・ルクレールがフェラーリに必要な新しいエネルギーをもたらすと考えている。

フェラーリのジュニアドライバーであり、今年ザウバーでF1デビューを果たしたシャルル・ルクレール(21歳)は、F1アゼルバイジャンGPでの6位を含めた目覚ましい活躍を見せ、ザウバーの48ポイントのうち39ポイントを獲得。チームのコンストラクターズ選手権8位に大きく貢献した。

マーカス・エリクソン 「ルクレールにフェラーリで実力を誇示してほしい」

2018年12月5日
F1 シャルル・ルクレール マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは、ザウバーでチームメイトだったシャルル・ルクレールが2019年にフェラーリで実力を見せつける活躍をすることを期待していると述べた。

マーカス・エリクソンは、今シーズン限りでF1シートを失って来季からインディカーに転向。そして、今季、ザウバーでチームメイトだったシャルル・ルクレールはフェラーリのドライバーを務めることが決定している。

マックス・フェルスタッペン 「次にF1を引っ張るのは僕とルクレール」

2018年12月5日
F1 マックス・フェルスタッペン シャルル・ルクレール
マックス・フェルスタッペンは、次のF1を引っ張っていくのは自分とシャルル・ルクレールになるだろうと予想する。

近年のF1チャンピオンシップではルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルのタイトル争いがヘッドラインを飾ってきた。しかし、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールは、キャリア序盤に印象的な結果を残しており、将来のF1ワールドチャンピオンになれる器だと目されている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム