F1 セバスチャン・ベッテル シャルル・ルクレール フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、2019年にフェラーリにシャルル・ルクレールが加入しても、これまでのチームメイト全員に適用してきた基本ルールは変えることはないと述べた。

数年間、セバスチャン・ベッテルはキミ・ライコネンとフェラーリで調和のとれた関係を築いてきた。しかし、シャルル・ルクレールの加入により、チーム内のパワーバランスに変化が出てくるのではないかとの見方がある。

「キミと僕との調和は、いろんなことで時間を無駄にすることはないことを意味していた」とセバスチャン・ベッテルは Blick にコメント。

「全員が同じだ。僕たちはシャルルと僕が協力していく方法を見ている。でも、彼はいい子だし、フェラーリは彼にとって大きなチャンスだ」

「基本ルールは変わらない。常に他に勝ちたいものだ」

セバスチャン・ベッテルは、シャルル・ルクレールと戦わなければならないことは認識しているが、加入をポジティブに捉えており、フェラーリにタイトルを取り戻すために共闘できることを願っていると語る。

「シャルルが僕とはキャリアの異なるステージにいるのは明らかだけど、僕たち全員がフェラーリをトップに戻したいと思っている」とセバスチャン・ベッテルは語る。

「来年、状況がどのように動いていくか見ていくけど、僕が知っている限り彼はいい男だ」

「僕が前回タイトルを獲ってからの数年間はシンプルではなかったけど、勝利やチャンピオンを争えるポジションに戻れるのは良いことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ベッテル | フェラーリ | シャルル・ルクレール