F1 シャルル・ルクレール フェラーリ
シャルル・ルクレールは、フェラーリに移籍する2019年のF1世界選手権での目標として“2勝”を掲げている。

今年、ザウバーで印象的なデビューシーズンを過ごしたシャルル・ルクレールは、2019年にキミ・ライコネンの後任としてフェラーリに加入。4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルとチームを組む。

F1の象徴的なチームであるフェラーリのプレッシャーに関わらず、シャルル・ルクレールは自信を持っていると語る。

「プレッシャー? いいや、プレッシャーを感じてはいない」とシャルル・ルクレールはコメント。

「むしろサポートを感じているし、パッピーだと言わなければならない。僕の目標は自分のベストを尽くして、チームの期待に応えることだ」

「隣にはセバスチャン・ベッテルという自分が成長し、学ぶことへの重要な助けとなるドライバーがいる。彼は素晴らしいドライバーであるだけでなく、人間的にも素晴らしい。マラネロでシミュレーターで作業していたときから彼のことは知っているし、彼は僕の仕事に感謝してくれた」

「自分の目標に話を戻そう。フェラーリでレースをするなら、自分のホームレースであるモナコやモンツァという2つのグランプリで勝ちたいと思うのは当然のことだ。でも、フェラーリドライバーとしてイタリアでレースをすることがどんな感じかは想像できてないね」

シャルル・ルクレールは、F1アブダビGP後にヤス・マリーナ・サーキットで行われたポストシーズンテストでフェラーリの正ドライバーとしての仕事を初体験した。

シャルル・ルクレールは、その機会を“素晴らしい名誉”だと感じたと振り返る。

「どう感じたか? 信じられないくらいだった。クルマは運転していて素晴らしい。とても感動的であるだけでなく、素晴らしい名誉だと感じた」

「もちろん、僕たちはテストについて話をしているけど、絶対的なパフォーマンスについて話してもあまり意味はない。でも、そのフィーリングはすぐに格別なものだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: シャルル・ルクレール | フェラーリ