F1 マックス・フェルスタッペン シャルル・ルクレール
マックス・フェルスタッペンは、次のF1を引っ張っていくのは自分とシャルル・ルクレールになるだろうと予想する。

近年のF1チャンピオンシップではルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルのタイトル争いがヘッドラインを飾ってきた。しかし、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールは、キャリア序盤に印象的な結果を残しており、将来のF1ワールドチャンピオンになれる器だと目されている。

マックス・フェルスタッペンは、F1史上最年少ドライバーとしてデビューを飾り、最年少勝利という記録を持っている。一方、シャルル・ルクレールは、GP3とF2を連覇した輝かしいジュニアキャリアをひっさげてザウバーでF1デビューを果たし、1年でフェラーリに昇格を果たした。

来年でF1で5シーズン目を迎えるマックス・フェルスタッペンは、ホンダをワークスパートナーに迎えることでレッドブル・レーシングはタイトルに挑戦できる立場にいると考えている。

また、マックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールがライバルになると考えており、彼のF1での経験不足がフェラーリの初年度で足枷になることはないと語る。

「ルクレールにワールドタイトルのチャンスが訪れるかどうかは、彼のクルマとエキップメント次第だ」とマックス・フェルスタッペンは Gazzetta Dello Sport に語る。

「クルマが十分に優れていれば、彼には間違いなくチャンスがあるだろう」

「僕も初年度に競争力があるクルマがあったら、チャンピオンシップを直接争えたと思っている」

「年齢はあまり重要ではない。良いクルマがあれば、いつだってタイトルを争うことができる」

「将来僕たちはハミルトンとベッテルのようになると想像している。どこかの時点で古い世代のドライバーはいなくなるしね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マックス・フェルスタッペン | シャルル・ルクレール