FIA 世界耐久選手権 フェルナンド・アロンソ ジェンソン・バトン SUPER GT
ジェンソン・バトンは、FIA 世界耐久選手権(WEC)がフェルナンド・アロンソの参戦を実現するために富士6時間レースの日程を動かすという決断をしたのは“残念なこと”だと語った。

フェルナンド・アロンソは2018/19“スーパーシーズン”にトヨタから参戦が決定。今週、WECはF1アメリカGPと日程が重なっていた富士6時間レースを10月14日(日)に移動することを発表。アロンソはWEC全ラウンドへの出場が可能になった。

しかし、かつてマクラーレンでフェルナンド・アロンソのチームメイトを務め、昨年はインディ500に参戦するアロンソの代わりにF1モナコGPで一戦限りのF1復帰を果たしたジェンソン・バトンは、WECの決定を批判した。

「1人のドライバーのためにレースを変更するなんて残念なことだ」とジェンソン・バトンは自身のTwitterでコメント。

「きとんと契約を結んでいる他の本当に多くのドライバーにとって変更は痛手だ。IMSAやSUPER GTのような他のカテゴリーも日程が衝突することで彼らのファンに影響を及ぼす」

今シーズン、ジェンソン・バトンはホンダからSUPER GTのGT500クラスにフル参戦するが、WECが富士6時間レースを10月14日に移動したことで、SUPER GTの第7戦オートポリスと日程が重なることになった。また、IMSAの最終戦プチ・ル・マンもレース日程が衝突する。

関連:WEC、富士6時間レースの日程変更を擁護 「アロンソ不在は問題外」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン | WEC (FIA世界耐久選手権)