ジェンソン・バトン 「ホンダF1の成功にはレッドブルとの関係が必要だった」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、ホンダF1が成功を収めるためにはレッドブルとの関係が不可欠だったと語る。

2015年にF1に復帰したホンダF1だが、マクラーレンとのパートナーシップは失敗に終わった。3年間で勝利はおろか、表彰台、ポールポジションを獲得することもなく、60レースで133ポイントという悲惨な記録に終わった。

ジェンソン・バトンは、ジェンソン・バトンは、2015年と2016年にマクラーレン・ホンダに所属。また、2006年から2008年にはホンダF1のワークスチームに所属し、2006年のF1ハンガリーGPで第3期で唯一となる勝利を挙げている。

「彼らがF1に戻ったとき、僕はホンダのために運転していた。そして、彼らはそれから長い道のりを歩んできた」とジェンソン・ボタンは語った。

「僕たちの2015年の最初のレースではリーダーから2.5周遅れだった。その改善を見るのは素晴らしいことであり、レッドブルとの関係はまさに彼らが成功するために必要なものだった」

ラストイヤーとなった昨年、最終戦F1アブダビGPでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがファイナルラップでルイス・ハミルトンを倒してF1ワールドチャンピオンを獲得。ホンダF1にとっては、1991年のアイルトン・セナ以来、30年ぶりのドライバーズタイトルを獲得した。

「僕はこの(V6ハイブリッド)プロジェクトの開始時に彼らと一緒にいたけど、彼らにとって簡単ではなかった」とジェンソン・バトンは語った。

「ハイブリッド時代では、彼らは最初に参入したときに苦労した。彼らは明らかに他の誰よりも数年遅れていた。多くの信頼性の問題があった」

「そして、マクラーレンが彼らと続けなかったことを残念に思う。競争力がないときに非難するのは非常に簡単なことだ。彼らは最も信頼できない部分、つまりエンジンを名指しで非難した」

「でも、今、彼らのすべての経験を生かしてレッドブルのようなチームと協力して前進している。彼らは本当に良いパートナーシップを見つけたと思う」

「ホンダが再び優勝するのを見るのは素晴らしいことだ。レッドブルとの時代の前の最後の勝利は、F1ではかなり昔の2006年の僕のものだったからね。だから、彼らが優勝するのを見るのは素晴らしいことだ」

ジェンソン・バトンは、ホンダが再びF1を離れるのを見るのは残念だと感じているが、その背後にある経済的現実を認識していると語る。

「彼らはレースにとても情熱的であり、再び去るのを見るのは残念だ」とジェンソン・ボタンは語った。

「でも、僕は彼らがいくら費やしてきたかについてある程度分かっている。多くのお金だ。だから、彼らが離れたい理由はある程度分かる。そうする時間だ」

「でも、彼らはこのスポーツで素晴らしい年を過ごした。この旅で彼らにとって最も簡単なものではなかったので、彼らにとって素敵な年だった」

2022年からレッドブルは、独自のレッドブル・パワートレインズを設立し、今年ホンダからF1パワーユニットとエンジンの運用を引き継ぐ。

したがって、ホンダはもはやF1で公式の立場にないが、マーティン・ブランドルはホンダが将来再びF1に戻ってくると考えている。

「レッドブルはまだ非常に寛大で、移行中のホンダとの関係を維持したいと思っている」とマーティン・ブランドルは語った。

「彼らは戻ってくる。そして、我々はフォルクスワーゲン・グループ、アウディが参加することを望んでいる」

「現在、F1は成層圏であるため、いつでも戻ってくるという決断を下すことができる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / レッドブル / ホンダF1