ジェンソン・バトン、ウィリアムズF1の顧問として「もっと関与したい」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、2022年はウィリアムズF1の顧問として昨年よりも“もっと多くのこと”を行うことを計画している。

昨年1月、2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、キャリアをスタートしたウィリアムズF1にアドバンザーとして復帰することが発表された。

ウィリアムズF1のCEO兼チーム代表を務めるヨースト・カピトは、ジェンソン・バトンがチームに“素晴らしい”洞察を提供し、ファクトリーのスタッフのモチベーションを高めたと述べているが、最終的にバトンの関与はかなり制限された。バトンは、レース週末にSky Sportsの専門家として働いていたため、ウィリアムズF1のドライバーやスタッフとは異なるバブルで活動していたためだ。

ジェンソン・バトンは、それについてがっかりしているが、2022年は新型コロナウイルスの制限が緩和され、もっと関与することを望んでいると語る。

「基本的に、僕はチームの特定の人々のための単なるマウスピースだった」とジェンソン・バトンはMotorsport-total.comに語った。

「デイブ・ロブソンとヨースト・カピト、そして、マーケティングチームと多くの時間を過ごしたけど、昨年はバブルによってテクニカルルームやガレージには行けなかったので、ドライバーとあまり時間を過ごせなかった」

「昨年はかなり限られていたし、これは双方にとって残念なことだ。でも、私は新年に彼らともっとたくさんのことをするつもりだ」

2022年のウィリアムズF1のドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンとニコラス・ラティフィは、まだ25歳と25歳でどちらもまだキャリアの初期段階にあり、ジェンソン・バトンの存在から間違いなく恩恵を受けることができる。

また、ジェンソン・バトンは、レギュラードライバーだけでなく、チームのアカデミーのメンバーは素晴らしい才能で構成されていると考えており、彼らともより多くの時間を過ごすことを楽しみにしていると語る。

「素晴らしいチームです」とジェンソン・ボタンは付け加えた。

「良い人材がいるし、ドライバーやユースプログラムのメンバーを含めて、彼らともっと多くの時間を過ごすつもりだ。リストにいくつかの優れた若いドライバーがいる」

「シミュレーターでも彼らと一緒に時間を過ごすつもりだ。僕は運転しない。運転したいけどね! でも、彼らがどのように運転し、チームとどのように連携するかを見ていく。チームと協力することが当時の僕の強みだった。僕はたくさんの経験をもたらすことができる」

現在、ウィリアムズF1の育成プログラムには、ジェイミー・チャドウィック、ロイ・ニッサニー、ジャック・エイトケン、ローガン・サージェントが名を連ねている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / ウィリアムズ