F1:ジェンソン・バトン、ハミルトンと対峙するジョージ・ラッセルに助言
ジェンソン・バトンは、メルセデスF1でルイス・ハミルトンとチームを組むことになるジョージ・ラッセルに仕事の仕方についてアドバイスを送った。

ダブルタイトルを7連覇中のメルセデスF1は、バルテリ・ボッタスに代えて育成ドライバーのジョージ・ラッセルを昇格させることを決定。ラッセルはルイス・ハミルトンの新しいチームメイトとして2022年にメルセデスF1に加入する。

2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、ジョージ・ラッセルと似たような立場を経験した。ブラウンGPでタイトルを獲得した翌年、2008年に最初のF1ワールドチャンピオンを獲得し、すでに3年間チームで確立しているルイス・ハミルトンががいるマクラーレンに加わった。

ジョージ・ラッセルが過去3シーズンにわたってレースをしてきたウィライムズF1のシニアアドバイザーを務めるジェンソン・バトンが個人的な経験をラッセルに共有することは間違いないだろう。

それだけでなく、ジェンソン・バトンは、ジョージ・ラッセルが自分の周りにチームを作り、ルイス・ハミルトンの影に隠れないようにする方法についてアドバイスを提供した。

「とにかくチームに足を踏み入れて、自分らしくいなければなりません」とジェンソン・バトンは Sky F1 に語った。

「自分ではない人になろうとしてはいけない。それジョージにとって重要だ。彼は非常に速いドライバーだが、素晴らしい個性も持っているし、本当に一生懸命働いている。エンジニア会議についてのエンジニア会議を行うくらいだ」

「彼は完全に集中しているので、それをチームに持ち込む必要がある。すぐにルイスが何をしているのかを心配する必要はない。自分のことをして、自分らしくいればいい」

ルイス・ハミルトンは、ジェンソン・ボタンが2010~12年にチームメイトだった10年ほど前よりも、明らかにはるかに経験豊富なドライバーになっている。

「僕たちはうまくやっていたし、あまり議論になることはなかった」とジェンソン・バトンは語った。

「何度か誤った情報が提供されたこともあったけどね。両方の側で、いくつかの問題があったけど、大きな問題はなかった」

「ルイスにとっては、僕が彼のチームに入って平等に扱われるのは奇妙なことだったと思う。玄関先を歩いたときに最初に言ったのは、『これはルイスのチームなのか?それとも平等な待遇を受けるのか?』ということだった。彼らは『平等に扱う』と言い、僕は『どこにサインすればいい?』と言った」

「個人的にルイスは自分の運転で非常に率直だと感じれいる。僕たちがチームメイトだったころ、彼はある意味でナイーブだった」

「自分の周りに人々のチームを構築するときには、自分から足を踏み入れて、良い人々のチームに囲まれていることを確認する必要がある。チームプレーヤーになり、みんなを夕食に連れて行ったほうがいい。小さなことは重要だ。人々は気にかけてくれていると思い、あなたが気にかけていることを理解してくれるようになる」

「ルイスはとても速かったので、初期の頃にはそれをやっていなかった。彼は他に何もする必要がないと思っていた」

「彼は間違いなくチームメイトから何年にもわたって学んでいる、そして、今の彼は完全なパッケージだ。ジョージが今チームに行くことは、僕たちが行ったときとは非常に異なるストーリーだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / ルイス・ハミルトン / メルセデス / ジョージ・ラッセル