ジェンソン・バトン 「ボッタスにとってウィリアムズF1は良い場所」
ジェンソン・バトンは、バルテリ・ボッタスにとってウィリアムズF1への復帰はキャリアを再熱させるために必要なものである可能性があると感じている。

バルテリ・ボッタスは、2013年にウィリアムズでF1デビュー。2017年にメルセデスF1に移籍するまでにチームと9回の表彰台を獲得した。

メルセデスF1に移籍したバルテリ・ボッタスは、グリッドを支配してきたF1マシンで好成績を収め、2019年と2020年にドライバー選手権でチームメイトのルイス・ハミルトンに次ぐ2位でシーズンを終えている。

しかし、2021年のキャンペーンははるかに苦労しており、メルセデスF1がバルテリ・ボッタスに代えてジョージ・ラッセルの昇格させることを求める声はますます大きくなっている。

バルテリ・ボッタスは、2022年にアルファロメオF1のシートともリンクされている。

ウィリアムズのアドバイザーであるジェンソン・バトンは「シーズンの終わりにチームを去るドライバーがいると思う」と語った。

「だが、シーズンのこの時点で、多くのトップチームは次のシーズンに向けてドライバーを配置しており、彼らにかなり満足している。シーズンの終わりにはかなりの数の契約があると思うが、大きな変化はないと思う」

「ウィリアムズとメルセデスは完全なスワップをするかもしれない。ジョージがメルセデスに行き、バルテリがウィリアムズに来ると思う。彼は以前ウィリアムズにいたことがある。上位で戦っていないチームに行くのは苦痛だと思うが、ウィリアムズに彼はとって素晴らしいだろう。

「彼は多くの経験を積んでおり、おそらく彼は再び自分の足を見つけ、精神的により良い場所になるだろう。それはルイス・ハミルトンがいないチームに所属することでもある」

「メルセデスは、ここ数シーズンでペースを上げていなくてもバルテリに満足していると思う。彼はレースの2位や3位で常に良いポイントを獲得してろい、メルセデスは常にコンストラクターズチャンピオンシップで優勝している」

「しかし、今年、パフォーマンスも良くなく、ポイントを失っている。彼らは慣れ親しんだポイントを獲得していないので、おそらく彼らは2022年に別のドライバーを獲得するために他の場所を探している」

「ウィリアムズの帽子をかぶったジョージを失うのは悲しいことだが、チームは、彼がメルセデスのようなマシンでレースをする機会を得た場合、彼を手放さなければならないことを完全に理解している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / ウィリアムズ / バルテリ・ボッタス