ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンの公式サイトがハッキングの被害に遭っていたことがわかった。

30日夜、ジェンソン・バトンの公式サイトが何者かにハッキングされ、バトンが自動車事故を起こしてブダペストのAEK病院で“重体”とのニュースと大破した赤いクルマの写真が掲載された。

しかし、その後ニュースは「完全に誤りだ」と訂正された。

「ジェンソンは完全に無事です。明日のレースを楽しみにしてベットにくるまっています」と公式サイトは掲載。

「我々に唯一できることはこれによって引き起こされであろう不安について謝罪するだけです」
マクラーレンもバトンのサイトが「ハッキング」されたと発表しており、スポークスマンは「極めて不快な悪ふざけ」だと BBC コメント。

バトンも今朝、自身のTwitterで「みんな、おはよう。今はもう気付いていると思うけど、誰かが昨晩僕のウェブサイトをハッキングした。僕はまったく元気だし、200戦目に向かっているところだ」と投稿した。

関連:ジェンソン・バトン F1参戦200戦目 祝賀パーティ (画像)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジェンソン・バトン / マクラーレン