2022年 F1イギリスGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、第10戦の舞台となるシルバーストン・サーキットにC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)とレンジで最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝では2種類のコンパンドを使うことが義務付けられる。

52周のレースで最も速い戦略は2ストッパーで、いくつかの異なるオプションがテーブルにある。ミディアムはスタート向きのタイヤであり、理論的に最も速い戦略はミディアム - ハード - ミディアムとなる。これには、2つの異なるコンパウンドがレースの早い段階で消化されることを保証するという利点があり、戦略的な可能性が開かれる。

2022 F1 イギリスグランプリ

2セット目の新品ミディアムのセットがない場合、戦略はミディアム - ハード - ソフトとなる可能性もある。必要に応じては1ストッパーにも変更できる。1ストッパーは可能ですが、特にミディアムのマネジメントが困難になる。

2022 イギリスグランプリ

マリオ・イゾラ(ピレリモータースポーツディレクター)
「インターミディレイトタイヤはハイドロプレーニング現象に対応するように設計されていないが、今日の状況に非常によく対応し、路面が乾くにつれて比較的長いスティントでウェットコンディションでドライバーが300kph近くに到達することができた。ここはタイヤに多くのエネルギーを注ぎ込み、ドライラインを生み出すことができるトラックだ。FP3のドライコンディションでは、ほとんどのドライバーがソフトタイヤを使用していた。コンディションがドライであれば、明日はミディアムがメインレースタイヤになると予想している。完全に確実ではないが、2ストッパーがベストな戦略だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1イギリスGP / マクラーレン / ピレリ / ダニエル・リカルド