バルテリ・ボッタス 「F1は安全が保証されない開催地の再検討を約束した」
バルテリ・ボッタスは、F1がドライバーに関係者全員の安全を100%保証できない場合は、レースが開催される場所を再検討することを約束したと語る。

F1サウジアラビアGPの週末は、金曜日にジェッダ・コーニッシュ・サーキットから約20kmのところにある石油貯蔵所へのミサイル攻撃によって傷つけられた。

事件の後、金曜日の夜、10人のチームプリンシパル全員がサウジアラビア政府、F1 、FIA、そして、彼ら自身のドライバーと長い話し合いをした。

イベントを継続しても安全であるとの安心を得たことで、F1チームは満場一致で続行することを決議したが、F1ドライバーたちは納得できず、深夜まで緊急の話し合いが続いた。

「間違いなくチャレンジングな週末だった」とバルテリ・ボッタスはRacingNews365.comに語った。

「もちろん、ドライバーズミーティングはかなり遅くまで行わた。場所によってはそのような議論をする必要はない」

「F1は、ここを含めた将来のすべてのイベントを再考し、常に安全を100%保証できる適切な場所に行くことを約束した」

先週末にF1サウジアラビアGPでレースをしたかったか、または将来再びサウジアラビアに行くことを望んでいるかと質問されたバルテイrボッタスは返答を避けたが、今回の件で、20人のF1ドライバーの間で団結が強まったと語った。

「今のところ、GPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)は本当に団結しているように感じている。そして、誰もが同じように感じていたと思う」とバルテリ・ボッタスは説明した。

「問題が発生した場合は、常に再グループ化して調査し、違いが生じた場合は意見を述べる。それは素晴らしいことだ。しかし、常にそれができるわけではない」

GPDAは、選出された代表者とのF1ドライバーのための労働組合。元ベネトン、ウィリアムズ、マクラーレンのドライバーであるアレクサンダー・ヴルツが2014年から会長を務め、現役ドライバーであるセバスチャン・ベッテルとジョージ・ラッセルがグループのディレクターを務めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / アルファロメオF1 / F1サウジアラビアGP