ルーベンス・バリチェロ ブラウンGP
ルーベンス・バリチェロが、最終戦F1アブダビGPへの意気込み、ヤス・マリーナ・サーキットの印象を語った。

ルーベンス・バリチェロ (ブラウンGP)
新しい会場でレースをするのはいつだって良いチャレンジだし、レポートを見たけど、ヤス・マリーナ・サーキットは、かなり見事なようだ。サーキットのレイアウトは、楽しさとチャレンジングを兼ね備えていると思うし、日光のもとでスタートして、夜の状態でフィニッシュするのは面白そうだね。

木曜日のトラックウォークはサーキットの特性を初めて感じるのに重要になるだろうし、金曜日の最初の数周はレイアウトを把握するために費やすつもりだ。そのあと、いつものように標準的なプラクティスプログラムに取り組むことになるだろう。

チームはこれまで素晴らしいシーズンを送ってきたし、今週末も力強いパフォーマンスを発揮して高い位置でフィニッシュしたいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルーベンス・バリチェロ | ブラウンGP | F1アブダビGP