ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、2009年にF1シートを確保できない場合は、モーターレーシングから引退すると語った。

ホンダは、来週のバルセロテストでブルーノ・セナとルーカス・ディ・グラッシを評価することになっており、バリチェロのホンダ残留は危ぶまれている。

「彼らが素晴らしければ、彼らはポジションを確保することになるだろう」とバリチェロは語る。

トロ・ロッソの共同オーナーであるゲルハルト・ベルガーは、今週チームが来年バリチェロと働くことについて交渉中であることを否定しなかった。

しかし、バリチェロはF1という選択肢が実現しなければ、アメリカのインディラースや他のレースに転向することはないとい語る。

「F1に留まるか、レースを引退するかだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルーベンス・バリチェロ | ホンダF1