2023年01月のF1情報を一覧表示します。

ハースF1チーム、2023年F1マシン『VF-23』のカラーリングを披露

2023年1月31日
ハースF1チーム、2023年F1マシン『VF-23』のカラーリングを披露
ハースF1チームは、2023年F1マシン『VF-23』のカラーリング(リバリー)を披露した。

2023年のF1世界選手権で、ハースF1チームは、P2P決済企業のマネーグラムをタイトルスポンサーに迎えて、マネーグラム・ハースF1チーム(MoneyGram Haas F1 Team)として参戦。すでに新しいロゴが披露されていた。

アルファロメオF1、斬新な「アートカー」F1カラーリングを披露

2023年1月31日
アルファロメオF1、斬新な「アートカー」F1カラーリングを披露
ハースF1チームが2023年のF1カラーリングを初公開する予定である日、アルファロメオF1チームはシュールな「アートカー」デザインの画像を投下して少し早い脚光を浴びた。

2019年と2020年の2月14日のシェイクダウンではバレンタインデースペシャル、昨年のプレシーズンテスト開始時にはカモフラージュカラーなど、アルファロメオと提携して以来、チームは、シーズン前のシェイクダウンやテストでは変わったカラーリングを採用する習慣がある。

レッドブルF1代表 「アンドレッティは素晴らしい名前だが問題は費用負担」

2023年1月31日
レッドブルF1代表 「アンドレッティは素晴らしい名前だが問題は費用負担」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、アンドレッティのF1グリッドへの参加に反対することを選択した多くのチームの理由を説明するために動いた。

アンドレッティのF1参入の可能性は、昨年のザウバー・グループの買収失敗から数カ月にわたって噂されており、FIA会長のモハメド・ビン・スレイエムは最近、現時点ではアンドレッティが、直接F1参入の関心を表明した唯一のチームであることを確認した。

F1オーナー、FIA会長モハメド・ビン・スライエムの解任を画策?

2023年1月31日
F1オーナー、FIA会長モハメド・ビン・スライエムの解任を画策?
F1とFIA(国際自動車連盟)の間で高まっている危機は、ある方面では“内戦”に例えられている。長年にわたって両者の間には数々の火種があったが、1980年代前半のFISAとFOCAの戦争以来、事態がこれほど悪化したことはないと言えるかもしれない。

当時、FISA(国際自動車スポーツ連盟)はFIAの一部としてF1を管轄しており、FOCA(フォーミュラ・ワン・コンストラクターズ・アソシエーション)はチームの組合としてバーニー・エクレストンがチーフショップスチュワードを務めていた。

フレデリック・バスール 「トト・ヴォルフと地獄のように戦う覚悟」

2023年1月31日
フェラーリF1代表フレデリック・バスール 「トト・ヴォルフと地獄のように戦う覚悟」
フェラーリF1の新チーム代表フレデリック・バスールは、チームとの最初のシーズンで、友人であるメルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフに対して「地獄のように戦う」覚悟があると語った。

現在はアルファロメオとして活動するザウバーF1チームを複数年率いてきたフレデリック・バスールは、昨年末、マッティア・ビノットの後任としてスクーデリア・フェラーリに移籍した。

デビッド・クルサード、FIAによるF1ドライバーの政治的発言禁止を支持

2023年1月31日
デビッド・クルサード、FIAによるF1ドライバーの政治的発言禁止を支持
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、F1ドライバーが無許可で政治的または個人的な声明を出すことを禁止するFIA(国際自動車連盟)のルールを支持している。

このルールは2023年シーズンに先立って導入されたもので、近年はルイス・ハミルトンやセバスチャン・ベッテルといったドライバーが平等や気候変動への認識といった事柄について発言している。

2023年 F1マシン:新車発表スケジュール…全チームの発表日が出揃う

2023年1月31日
2023年 F1マシン:新車発表スケジュール…全チームの発表日が出揃う
2023年のF1世界選手権を戦うF1マシンの発表日が出揃い、今日から公開がスタートする。

トップバッターは、ハースF1チーム。マネーグラムを新たにタイトルスポンサーに迎えたハースF1チームは、1月31日(火)に日本時間23時から2023年F1マシン『VF-23』に採用する2023年の新しいカラーリングを公開する。

アウディF1責任者 「参戦1年目と2年目は厳しい戦いになるだろう」

2023年1月31日
アウディF1責任者 「参戦1年目と2年目は厳しい戦いになるだろう」
アウディのF1ボスは、フォルクスワーゲン所有の自動車メーカーが取り組む最初の2年は「厳しい」ものになると警告した。

スイスを拠点とするザウバーF1チームは、今年がアルファロメオの名前で戦う最後のシーズンになることが決まっており、2023年はアンドレアス・ザイドルを新しいCEOと新しいタイトルスポンサーのステークを迎えての参戦となる。

セルジオ・ペレスがF1初優勝を達成したRP20のショーカーが競売

2023年1月31日
セルジオ・ペレスがF1初優勝を達成したRP20のショーカーが競売
オンライン オークション ハウスのF1 Authentics は、2020 年のF1サキールGPでセルジオ・ペレスが初のF1優勝を飾ったレーシング・ポイント RP20のレプリカ車両を出品した。

この車は、以前はレーシング・ポイントとして知られていた現アストンマーティンF1チームによって製造された。この車は、見た目がシルバーアロに似ていることから「ピンク・メルセデス」と呼ばれていた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 45 | 46 | 47 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム