角田裕毅 「残留が確定してレース週末と自分の準備だけに集中できる」 / F1シンガポールGP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第17戦シンガポールGPへの意気込みを語った。

9月22日(木)、スクーデリア・アルファタウリは2023年も角田裕毅が残留することを発表。残留が確定したことで、今週末のシンガポール、そして、母国レースの日本グランプリではレース週末にだけ集中できると角田裕毅は語る。

「契約がもう1シーズン延長されたことをとても嬉しく思います」と角田裕毅はコメント。

「先週の発表の数日前、少し前に確認されました。残留することにはかなりの自信があったのですが、確定するまでは少しストレスがありました。もちろん、マシンに乗っているときは気にならないのですが、コース外では少し考えてしまうものです。でも、シンガポールと日本にそういったことを心配することなく向かい、レースの週末と自分の準備だけに集中することができます。興奮しています!」

「シンガポールは初めてのサーキットなので簡単なイベントではないと思いますが、プラクティス中に新しいトラックの通常のプロセスでラップごとにビルドアップしていこうと思っています。難しいとは思いますが、マシンのパフォーマンスをもっと引き出すことができれば、僕たちの目標はポイント獲得になるはずです」

「シミュレーターでシンガポールのサーキットを運転しましたが、1周で休む場所がなく、常にハンドルを動かしている混忙しいトラックであることは間違いありません」

「湿度が高く暑い気候のため体力的にきついですが、日本でも同じような時期になることがありますので、どうなるかは想像がつきます。このような状況に備えて適応するための特別なトレーニングをかなり前から行ってきました。また、ヨーロッパ時間での作業に慣れることはそれほど問題ではないと思います」

角田裕毅 スクーデリア・アルファタウリ F1 シンガポールグランプリ角田裕毅と野田樹潤(Juju)角田裕毅と野田樹潤(Juju)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1シンガポールGP / アルファタウリ