ピエール・ガスリー、アルピーヌF1移籍の可能性は「皆さんご存じの通り」
ピエール・ガスリーは、2023年にフェルナンド・アロンソの後任としてアルピーヌF1チームに移籍する可能性について「今後2~3週間で僕の将来について明確な答えが得られるはずだ」と語った。

ピエール・ガスリーは、2023年にアルファタウリF1とレースする契約を結んでいるにもかかわらず、夏休みの初めにフェルナンド・アロンソがアストンマーティンに移籍するという衝撃的な決定によってドライバーマーケットの“シリーシーズン”がスタートすると激しい議論の対象となった。

レッドブルは、2019年の短期間のスティントの後、ピエール・ガスリーがシニアチームに昇格する可能性はないため、ガスリーがレッドブル・ファミリーを離れることを許可する用意があるが、そのためには適切な後任がラインナップされている場合に限られるとしている。

当初はインディカーのスターであるコルトン・ハータを欲しがっていたが、その計画は彼のF1スーパーライセンスポイントの不足とFIA(国際自動車連盟)が彼に免除を与えないことを選択したために頓挫した。

だが、その後、レッドブルは、前戦F1イタリアGPでウィリアムズで衝撃的なデビューを果たしたニック・デ・フリースをアルファタウリで起用することに興味を示している。

ニック・デ・フリースは、ウィリアムズとアルピーヌとも交渉を継続しているため、ピエール・ガスリーがアルピーヌF1チームに移籍できる可能性は残っている。

今週末のシンガポールグランプリのイベント前の記者会見で、2023年のオプションに関する最新情報を提供するよう求められたときピエール・ガスリーは「誰もが進行中の会話と議論は誰もが知っていると思うけど、僕サイドでは、今後2~3週間で自分の将来について明確な答えが得られるはずだと思っている」とコメント。

「でも、今のところ何も変わっていない。僕の将来について何かが発表されたとき、皆さんはそれについて知っていることになると思うよ!」

アルファタウリF1は、今週末シンガポールGPでATA03に新しい空力アップデート パッケージを導入する予定だ。

ピエール・ガスリーは、このアップデートが、2022年にアルファタウリF1が「ダウンフォースの少ないトラックで少し競争力を増す」という傾向を逆転させることを望んでいる。

「スパはよかったし、モンツァもよかった」とピエール・ガスリーは続けた。「でも、シンガポールのようなダウンフォースが高いすべてのトラックでは少し苦戦しているようだ」

「だから、今週末のこのアップグレードがその状況を少し変えることができることを願っている。通常、マクラーレンはこれらの条件でかなり速い。アルピーヌは非常に速いときがあるし、アストンも同様だ」

「特に期待はしていない。アップグレードによってスピードが向上することを願っている。そうであれば、ポイントを争うチャンスがあることはわかっている」

アルファタウリF1は、コンストラクターズ チャンピオンシップで7位のハースにわずか 1 ポイント差に迫っているが、6位のアルファロメオには19ポイント差となっている。

ピエール・ガスリーは、ハースF1チームを打ち負かすことがシーズン残りのアルファタウリの当面の目標だが、状況によってはアルファロメオにも追いつけることを期待している。

「今年の終わりまで、ポジティブで建設的な姿勢を保つことが重要だ」とピエール・ガスリーは語った。

「チームのチャンピオンシップで7位を争っていることは、一部の人にとっては取るに足らないことだけど、それでも来シーズンに向けて多額のお金について話している」

「つまり、少なくともハースを倒すことが目標であることは明らかだ。そして、16レースを終えて33ポイントしかないことを考えると、アルファロメオとの19ポイントは多くの要求だ。でも、不可能なことは何もない」

「僕たちは過去にそれを見てきた。本当に強力な結果が1つだけ必要だし、それは可能かもしれない」

「間違いなくハースだ。僕たちは彼らを倒さなければならない。そうすれば、僕たちが最後のレースであるアブダビで何をかけて戦っているかが分かるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / F1シンガポールGP / アルファタウリ / アルピーヌ