角田裕毅、メンズスキンケアブランド「BULK HOMME」とスポンサー契約
メンズスキンケアブランド「バルクオム(BULK HOMME)」は、2022年末までの約4か月間、アルファタウリF1のドライバーである角田裕毅とスポンサーシップを提携したことを発表した。

バルクオムは、メンズビューティという文化を作り上げていく上で、新たなカルチャーを創出する次世代のトップアスリート及びパフォーマーをサポートするべく、2013年のブランド設立当時より、世界で活躍する男性アスリート・団体への協賛活動を継続的に行ってきた。

角田裕毅は、2000年代生まれ初、2014シーズン以来18人目の日本人F1ドライバー。幼少期からひたむきに世界を目指し努力を続ける角田裕毅の姿勢に共感し、今回のスポンサーシップが実現した。

スポンサーシップの締結に伴い、10月7日(金)~10月9日(日)間に行われる「2022 FIA F1世界選手権シリーズ Honda 日本グランプリレース」に向けた製品提供などを通して、角田裕毅の活躍をサポートしていく。また、同大会では角田選手着用のヘルメットに「BULK HOMME」ロゴが掲出される他、各種デジタルメディアで角田裕毅と協業したコンテンツを発信していく。

角田裕毅
「この度ご縁がありまして、バルクオム様とスポンサー契約を結ぶこととなり、とても嬉しく思います。日本人のレーサーとして、『BULK HOMME』という日本発の気鋭のメンズスキンケアブランドと活動できることは大変刺激的であり、今後のコラボレーションを楽しみにしています。早速、翌月の10月7日 (金) ~ 10月9日(日)に開催されるF1日本GPでは、私が着用するヘルメットにバルクオム様のロゴを掲載してレースに臨みます。共に世界No.1の舞台を目指して戦うプレーヤーとして、バルクオム様と共にファンの皆様を魅了できるような驚きと感動をお届けできるよう、頑張ってまいります。今後とも応援をよろしくお願いいたします」

■角田裕毅について
生年月日:2000年5月11日
出身:神奈川県

16歳で限定A級ライセンスを取得し、FIA-F4日本選手権で活躍。渡欧して2019年にFIA-F3、20年にFIA-F2と着実にステップアップすると、21年より欧州のトップレーシングチームでF1参戦。2000年代生まれ初のF1レギュラードライバーとなった。

〇主な大会成績
F1
・2021年シリーズ14位(獲得ポイント32点、入賞7回、最高位4位)、
・2022年シリーズ(獲得ポイント11点、入賞3回、最高位8位/22年8月28日第14戦終了時点)

〇主なタイトル・表彰
ピレリトロフィー(20)、アントワーヌ・ユベール・アワード(20)、FIAルーキー・オブ・ザ・イヤー(20)

■バルクオムとは
バルクオムは、「世界のメンズビューティをアップデートし、グローバルシェアNo.1になる」というメッセージを掲げ、現代を生きる世界中の男性たちに、"なりたい自分"に進化できる自信を与えるスキンケアブランド。全てのプロダクトは「男性の肌にとってどうあるべきか」を研究し、厳選した成分と処方で高い効果実感を追求。五感に訴えかける贅沢な泡体験や心地よい香りなど、プロダクトを通して驚きや感動を与えられるようにデザインしている。日本では、公式オンラインストアの他、Amazon等のECモール、全国10,000店舗以上のドラッグストア・バラエティショップ・ヘアサロン等で販売。海外では、中国大陸・アメリカをはじめとする国と地域へ進出し、高い評価を得ている。

アワード受賞歴
・2019年 Cosmoprof Awards 2019 グランプリ「THE SHAMPOO」
・2020年 Pure Beauty Global Award2020 グランプリ「THE FACE WASH」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1日本GP / アルファタウリ