F1レースディレクター、常設スチュワード待望論に反論
F1レースディレクターのマイケル・マシは、F1のルールの適用における矛盾を解決するために常設のスチュワードを置くべきだとの論調に反論した。

F1ブラジルGPでのマックス・フェルスタッペンのルイス・ハミルトンへの防御がお咎めなしとの裁定を受けたことを受け、過去数週間でレース関係者とFIAは、オブザーバーとドライバーから攻撃を受けている。

特にF1ドライバーは、同様のインシデントが過去にペナルティを科されていたことで、混乱を表明。ルイス・ハミルトン、ダニエル・リカルド、ジョージ・ラッセルを含めた多くの主要ドライバーは、長いドライバーブリーフィングの後、パドック内で意見の相違があることを強調した。

F1は、4名のスチュワードが各グランプリを監督するというモデルを運用している。スチュワードパネルは、確立されたプールから選出され、議長、ドライバーの代表者、および通常は地元のモータースポーツ団体によって任命された他の2人で構成される。

だが、交代制のパネルよりも、スチュワードの人員を固定した方が、矛盾のいくつかを滑らかにすることができるのではないかとの疑問を引き起こしている。

F1は、10年以上前まで常設スチュワードシステムを運用していた。だが、当時は、バネルの人員が特定のチームやドライバーを贔屓していると非難され、現在の交代制のパネルへと移行した。

したがって、F1レースディレクターのマイケル・マシは、現状の各役割のスチュワードの選択されたプールで構成される交代制のパネルがベストな妥協点だと考えている。

「皆さんも分かると思う。常設スチュワードパネルの下で活動した人々についていくつかの思慮深い言葉があった、常任スチュワードがいたときに知覚されたバイアスがあったと思う」とオーストラリア人は説明しました。

「現在、我々が採用しているスチュワードは、4人の議長のプールで、ドライバー、スチュワードのプールを共有している。すべての議長が定期的に合っている」

「我々は一歩下がって、2人の素晴らしいドライバーと2つの素晴らしいチームの間でチャンピオンシップが争われるのは久しぶりだということを覚えておく必要がある」

「人気のある規制当局など世界に存在しない。レフェリーであるかどうかに関係なく、スポーツの規制当局である場合、それは我々が果たす役割の一部であり、我々の観点からは常にわずかな違いはありますが、結局のところ、スチュワードはそれらの決定を行うためにそこにいる」

だが、マクラーレンF1のチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、現在の交代制のシステムをサポートしている。

「正直なところ、私の意見は変わっていない」とアンドレアス・ザイドルはSpeedcafe.comに語った。

「正直、常任のスチュワードがいないことが問題だとは思わない。私が理解している限り、スチュワードが最初に行うことは、インシデントの履歴を遡って、前例があるかを確認し、それが比較可能かどうかを確認して、一貫性を保つようにしている」

「また、各レース週末の後に、全員が同じレベルの情報を入手し、何が起こったのかを詳細に理解できるようにするために、すべてのスチュワードが多くのやり取りを行っていることも理解している」

「だからこそ、正直に言うと、それが我々がここで抱えている大きな問題だとは思わない」

F1ブラジルGPで裁定の矛盾の受けてとなったメルセデスF1のトト・ヴォルフもアンドレアス・ザイドルの意見に同意する。

「ブラジルでヘッドスチュワードを務めた(ティム)メイヤーを非常に高く評価している。状況が一風変わっていただけだと思う」とトト・ヴォルフはコメント。

「彼らは非常に大きなプレッシャーにさらされている。スチュワードの席に座りたくないので、スチュワードが良いか悪いかについては言いたくはないん。誰かがいつも不平を言うからね」

「スチュワードになることは専門的な仕事だと思う。それは十分に支払われるべきであり、プレッシャーは報われるべきだ」

「それが恒久的な機関であるかどうかは分かないが、いずれにせよ、最高の人々がそれを行うべきだ。そして、我々は多くの優れたスチュワードを見てきたし、私はまだどんな結果も信頼している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / FIA