メルセデスF1、残り2戦dえのボッタス/ラッセルのスワップ案を拒否
メルセデスF1のトト・ヴォルフは、2021年の最後の2レースでジョージ・ラッセルを乗せるべきだとの提案を拒否した。

メルセデスF1のジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルは、F1サウジアラビアGPとF1アブダビGPでウィリアムズとの3年間の“ローン”期間が終了し、2022年にメルセデスFのワークスチームに昇格することが決定している。

ジョージ・ラッセルの加入により、バルテリ・ボッタスはアルファロメオF1に移籍する。

しかし、今シーズンの両方のタイトルでレッドブル・ホンダとの激戦が繰り広げているなか、すべてのポイントがますます価値があることから、今年のバルテリ・ボッタスの一貫性の欠如により、メルセデスF1は、F1サウジアラビアGPとF1アブダビGPでジョージ・ラッセルの昇格を早めると推測されている。

昨シーズンの最後から2戦目のF1サヒールGPでは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役として、ジョージ・ラッセルはメルセデスF1から出場。ラッセルはすぐに競争力を発揮し、メルセデスF1がピットストップに失敗し、その後、パンクに見舞われるという不運があるまで、レース優勝が見えていた。

今年、バルテリ・ボッタスは、F1トルコGPで優勝するなどパフォーマンスも披露していたが、前戦F1カタールGPでは予選でのイエローフラッグ無視による3グリッド降格ペナルティで6番グリッドしたが、オープニングラップで11番手に落ち、ノーポイントでレースを終えた。

Sky Germanyのオリビエ・ズワルティーズは、最後の2レースでジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスの交代を提案した。

「実際、私ならばそれについて考えるだろう」

「ボッタスはアルファロメオに行くし、空気は完全にそこから外れている。ラッセルは、今シーズンとても楽しかったし、いずれにしろ来シーズンそこでドライブする。したがって、彼にこの2つのレースを与えて、ハミルトンはサポートさせてみないか?」

しかし、オリビエ・ズワルティーズは、その見通しをメルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフにすでに言及いたが、却下されたと語った。

「トト・ヴォルフはすでにこれについて尋ねられており、『我々のチームにはそのようなものはない』と言っている」とオリビエ・ズワルティーズは語った。

このアイデアはまた、メルセデスで働いていたレースストラテジストのアレクサンダー・ボドからの反応をもたらしました。彼もそのアイデアには賛成していない。

「プレッシャーの状況は非常に高く、メルセデスとボッタスはよくリハーサルされたチームだ」とアレクサンダー・ボドは Sky Germanyに語った。

「将来、ラッセルには別の計画がある。チャンピオンシップが直接危機に瀕している今、彼をこのプレッシャーシナリオに投げ込むのは愚かなことだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / バルテリ・ボッタス / ジョージ・ラッセル