2019年08月のF1情報を一覧表示します。

トロロッソ・ホンダ 「ホンダのスペック4の前進を確認するのは興味深い」

2019年8月31日
F1 トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのチーフレースエンジニアを務めるジョナサン・エドルズが、F1ベルギーGP初日のフリー走行を振り返った。

今大会から昨年までドライバーを務めていたピエール・ガスリーが復帰。また、ダニール・クビアトにはホンダの“スペック4”エンジンを投入するなど、トロロッソ・ホンダにとって慌ただしい一日となった。

F2 ベルギー大会 予選 | 松下信治4番手、佐藤万璃音17番手

2019年8月31日
F2
2019年FIA-F2選手権第9戦の予選がベルギーのスパ・フランコルシャンで行われ、ニック・デ・ブリース(ART Grand Prix)がポールポジションを獲得。松下信治(Carlin)は4番手、今大会から参戦する佐藤万璃音(Campos)は17番手だった。

午後1時より45分間のプラクティスが行われました。上空は青空が広がり、気温22℃、路面温度37℃の絶好のコンディション。松下信治は11周を走行し、ベストラップは2分01秒027をマークして10番手、佐藤万璃音は19番手でセッションを終えた。

ダニール・クビアト 「現段階では残念ながら『とても悪い』状況」

2019年8月31日
F1 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1ベルギーGP初日は“とても悪い”状況だったが、残りの週末にむけてそれほど深刻には捉えていないと語る。

ホンダの“スペック4”F1エンジンを搭載して挑んだダニール・クビアトだったが、FP1で17番手、FP2で14番手と競争力のあるタイムを記録することはできなかった。

ルイス・ハミルトン 「ストレートだけでフェラーリに1秒負けている」

2019年8月31日
F1 ルイス・ハミルトン
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ベルギーGPの初日のフリー走行を終え、ストレートだけでフェラーリに“ほぼ1秒”差をつけられていると感じている。

F1ベルギーGPの金曜日を制したのはフェラーリだった。両方のセッションでタイムシートの1-2を独占し、FP2でルイス・ハミルトンはトップのシャルル・ルクレールからほぼ1秒差をつけられた。

セバスチャン・ベッテル 「メルセデスはきっと手の内を隠している」

2019年8月31日
F1 セバスチャン・ベッテル
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1ベルギーGP初日のプラクティスの結果が今週末の勢力図を反映しているとは考えていない。

フェラーリは、FP1ではセバスチャン・ベッテル、FP2ではシャルル・ルクレールがトップタイムを記録し、両方のセッションを1-2でフィニッシュ。メルセデスのバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンに1秒近い差をつけた。

マックス・フェルスタッペン 「フェラーリに勝つのは難しいかもしれない」

2019年8月31日
F1 マックス・フェルスタッペン
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1ベルギーGPの初日の走行を終えてフェラーリは“とてつもない速さ”だっと表現。マシンの感触は悪くなく、メルセデスに近づくことが第一目標だと語った。

FP1では4番手タイムを記録したマックス・フェルスタッペン。FP2ではパワーを抑えたモードで走行していたこともおり、6番手でセッションを終了した。

アレクサンダー・アルボン 「まるで学校の初日のような1日だった」

2019年8月31日
F1 アレクサンダー・アルボン レッドブル・ホンダ
レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、新チームとの初めてのプラクティスを“まるで学校の初日のよう”だったと表現した。

今大会からピエール・ガスリーに代わってレッドブル・ホンダのドライバーを務めることになったアレクサンダー・アルボン。ホンダの最新のスペック4のエンジンを搭載したアルボンは、FP1でチームメイトのマックス・フェルスタッペンから0.077秒差となる4番手をマークし、幸先のよいスタートを切った。

レッドブル・ホンダ「アルボンは初走行で本当に良い仕事をした」

2019年8月31日
F1 レッドブル・ホンダ アレクサンダー・アルボン
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、アレクサンダー・アルボンが初めて乗ったレッドブルでの最初の努力に感銘を受けたと語った。

今大会からレッドブル・ホンダに移籍したアレクサンダー・アルボンは、RB15の初走行となるF1ベルギーGPのFP1でマックス・フェルスタッペンから0.077秒差の僅差の4番手タイムを記録。FP2ではロングランに集中して10番手で終えた。

マックス・フェルスタッペン、PUトラブル発生「理想的ではなかった」

2019年8月31日
F1 マックス・フェルスタッペン ホンダF1
マックス・フェルスタッペンは、F1ベルギーGP初日のフリー走行でFP1を3番手、FP2を6番手タイムで終えた。

「クルマの調子は悪くはなかった。1回目のセッションではもう少し速く走れたかもしれない。2回目のセッションでもクルマな感触は良かったし、バランスには満足できていた」とマックス・フェルスタッペンは自身の公式サイトでコメント。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 65 | 66 | 67 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム