F1 ルイス・ハミルトン
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1ベルギーGPの初日のフリー走行を終え、ストレートだけでフェラーリに“ほぼ1秒”差をつけられていると感じている。

F1ベルギーGPの金曜日を制したのはフェラーリだった。両方のセッションでタイムシートの1-2を独占し、FP2でルイス・ハミルトンはトップのシャルル・ルクレールからほぼ1秒差をつけられた。

また、ルイス・ハミルトンは両方のセッションを通してマシンの問題に苦しみ、走行が制限された。

「FP1は良いスタートではなかった。スロットルに問題があり、基本的にパワーを失ってしまってPMだけでアイドリングして戻ろうとしていた。その後、いくつかのスイッチを変更することで少し修正することができた。それを元に戻して出ていったけど、また別の問題が発生し、少し混乱してしまった」とルイス・ハミルトンは振り返る。

「修復して最後の方に何周かできたけど、素晴らしいものではなかった。その後、FP2にむけてセットアップにいくつかの変更を加え、感触はずっと良くなったけど、まだやるべき仕事がある」

「ギャップについてはわからない。フェラーリは非常に速いのは明らかだ。彼らはターン5までの直線で僕たちよりも1秒近く速いようだ。かなり印象的だったけど、とにかくその差を縮めていくしかない。僕たちは明らかに戦いのなかにしるし、それは良いことだ」

「フェラーリは特にセクター1でかなり大きく稼いでいると思う。ミドルセクターではいくつか取り戻せていたと思うし、最終セクターも僕たちはかなり拮抗していると思う」

メルセデスは今大会に“フェーズ3”エンジンを投入したが、ルイス・ハミルトンは、エンジンアップグレードによるラップタイムのゲインは“0.05秒未満”だと考えており、シャルル・ルクレールとの差は“酷いくらい”だと認める。

「そのタイム差のすべては基本的にストレートだ。一般的にそれをキャッチするためにできることは多くない。彼らはシーズンを通してストレートで常に速かったし、今週の週末は彼らにとってそれが本当にうまく機能しているように感じている」とルイス・ハミルトンは説明する。

「純粋なペースでそれができなければ、なんとか別の方法でプレッシャーをかける必要がある。僕たちはロングでは非常に強いと思っている。これから解明していくつもりだけど、ベッテルのタイムを伝えられていた。彼は50秒後半から51秒、51秒中盤だったと思う。ロングランでの僕は50秒台前半から中盤だった。燃料とタイヤの寿命を知るのは興味深い。見ていても面白くなるだろう。レースで速ければ、うまくいくかもしれない」

関連:F1ベルギーGP フリー走行2回目 | シャルル・ルクレールがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1ベルギーGP