2019年03月のF1情報を一覧表示します。

ジェームス・キー、マクラーレンのTDとしてF1バーレーンGPに登場

2019年3月31日
F1 マクラーレン ジェームス・キー
ジェームス・キーが、マクラーレンのテクニカルディレクター(TD)としてF1バーレーンGPのピットウオールに座った。

元トロロッソのテクニカルディレクターだったジェームス・キーは、昨年マクラーレンと契約を結んでいたが、レッドブルと交渉が難航。長い交渉を経てようやく契約から解放され、今週月曜日からマクラーレンでの正式に仕事を開始。

フェラーリのF1エンジンの圧倒的なパワーにライバル勢は困惑

2019年3月31日
F1 フェラーリ
フェラーリのF1エンジンがバーレーンGPで見せた圧倒的なパワーにライバル勢は困惑している。

開幕戦オーストラリアGPでは低調なパフォーマンスに終わったフェラーリだったが、常設サーキットで開催されているバーレーンでは圧倒的なペースを発揮。シャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルがフロントローを独占した。

2019 F1バーレーンGP 決勝 | スターティンググリッド

2019年3月31日
2019 F1バーレーンGP 決勝
FIA(国際自動車連盟)は、2019年のF1世界選手権 第2戦 バーレーンGPの決勝スターティンググリッドを発表した。

ペナルティを科せられるドライバーは、ハースF1チームのロマン・グロージャン。予選Q1でランド・ノリス(マクラーレン)の走行を妨げたとして3グリッド降格ペナルティが科せられた。

F2 バーレーン レース2結果 | ルカ・ギオットが優勝、松下信治は12位

2019年3月31日
F2 バーレーン レース2
2019年のF2選手権の開幕戦バーレーンのレース2が3月31日(土)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、ルカ・ギオット(UNI-Virtuosi Racing)が優勝した。

気温40℃、路面温度28℃のドライコンディションで23周のスプリントレースはスタート。ポールポジションのミック・シューマッハ(PREMA Racing)が1コーナーを制してレースをリードする。

マックス・フェルスタッペン、ハースを警戒 「良い仕事をしている」

2019年3月31日
F1 マックス・フェルスタッペン
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ハースF1チームは良い仕事をしていると述べ、レッドブルに奮起を促した。

F1バーレーンGPの予選を5位で終えたマックス・フェルタッペンだったが、6位のハースF1チームのケビン・マグヌッセンとの差はわずか0.05秒だった。レッドブル・ホンダはピエール・ガスリーが13番手だったのに対し、ハースはロマン・グロージャンも8番手に入っている。

F1 バーレーンGP 予選:トップ10ドライバーコメント

2019年3月31日
F1 バーレーンGP
2019年のF1世界選手権 第2戦バーレーンGPの予選が3月30日(土)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのはフェラーリのシャルル・ルクレール。FP1、FP3でトップタイムをマークしていたルクレールは、Q3までトップタイムで追加。1回目のアタックでトップに立つと、2回目のアタックでさらにタイムを更新。フェラーリ移籍2戦目にして自身初ポールポジションを獲得した。

ピエール・ガスリー、レッドブルのF1マシンに苦悩「予測不可能な状況」

2019年3月31日
F1 ピエール・ガスリー
レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、いろいろな問題が“雪だるま式”に積み重なってレッドブルのF1マシンが“予測不可能”なマシンに仕上がっており、自分の走りができていないと語る。

F1バーレーンGPの予選はピエール・ガスリーにとって再び失望の結果となった。チームメイトのマックス・フェルスタッペンがQ3に進出したのに対し、ガスリーは13番手でQ2で敗退。姉妹チームのトロロッソのルーキー、アレクサンダー・アルボンにも負けることになった。

ルイス・ハミルトン 「フェラーリのストレートスピードは圧倒的」

2019年3月31日
F1 ルイス・ハミルトン
メルセデスのルイス・ハミルトンは、フェラーリがF1バーレーンGPでメルセデスと残りのフィールドに対して大きなアドバンテージを持っているかもしれないと懸念している。

フェラーリは、週末を通して全てのセッションでタイムシートに立ち、予選ではシャルル・ルクレールがポールポジションを獲得。セバスチャン・ベッテルも2番手に続き、フロントローを独占した。

トロロッソ、ダニール・クビアトを中古タイヤで送り出す凡ミス

2019年3月31日
F1 トロロッソ・ホンダ ダニール・クビアト
トロロッソ・ホンダは、F1バーレーンGPの予選Q2の最終局面でダニール・クビアトを中古タイヤで送り出すという失態をおかした。

ダニール・クビアトは、Q2の路面が改善した最終局面にコースに出たが、アウトラップを終えた後、アタックをすることなくピットイン。15番手で予選を終えることになった。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 67 | 68 | 69 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム