2019 F1バーレーンGP 決勝
FIA(国際自動車連盟)は、2019年のF1世界選手権 第2戦 バーレーンGPの決勝スターティンググリッドを発表した。

ペナルティを科せられるドライバーは、ハースF1チームのロマン・グロージャン。予選Q1でランド・ノリス(マクラーレン)の走行を妨げたとして3グリッド降格ペナルティが科せられた。

この裁定により、ロマン・グロージャンは8番手から11番グリッドに降格。キミ・ライコネン(アルファロメオ)、ランド・ノリス、ダニエル・リカルド(ルノー)がひとつずつグリッドを上げる。リカルドは自由にタイヤを選択できるドライバーのなかでは先頭からのスタートとなる。

ポールポジションからスタートするのはフェラーリのシャルル・ルクレール、隣のグリッドにはチームメイトのシャルル・ルクレールが並ぶ。

2列目にはルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのメルセデス勢、3列目にはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとハースF1チームのロマン・グロージャンが並ぶ。

その他のホンダのF1エンジン搭載マシンは、アレクサンダー・アルボンが6列目12番グリッド、ピエール・ガスリーが7列目13番グリッド、ダニール・クビアトが8列目15番グリッドからスタートする。

F1バーレーンGPの決勝レースは、3月31日(日)の24時10分(現地時間18時10分)からスタートが切られる。

2019年 第2戦 F1バーレーンGP スターティンググリッド

順位NoドライバーチームQ1
116シャルル・ルクレールフェラーリ1(→)
25セバスチャン・ベッテルフェラーリ2(→)
344ルイス・ハミルトンメルセデス3(→)
477バルテリ・ボッタスメルセデス4(→)
533マックス・フェルスタッペンレッドブル5(→)
620ケビン・マグヌッセンハース6(→)
755カルロス・サインツマクラーレン7(→)
87キミ・ライコネンアルファロメオ9(↑1)
94ランド・ノリスマクラーレン10(↑1)
103ダニエル・リカルドルノー11(↑1)
118ロマン・グロージャンハース8(↓3)
1223アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ12(→)
1310ピエール・ガスリーレッドブル13(→)
1411セルジオ・ペレスレーシングポイント14(→)
1526ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ15(→)
1699アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ16(→)
1727ニコ・ヒュルケンベルグルノー17(→)
1818ランス・ストロールレーシングポイント18(→)
1963ジョージ・ラッセルウィリアムズ19(→)
2088ロバート・クビサウィリアムズ20(→)

F1バーレーンGP:各ドライバーの持ちタイヤ数

F1バーレーンGP:各ドライバーの持ちタイヤ数関連:2019年 F1バーレーンGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1バーレーンGP