2018年11月のF1情報を一覧表示します。

MotoGP | ホンダ 第18戦 マレーシアGP プレビュー

2018年11月2日
MotoGP ホンダ マレーシアGP
日本GP、オーストラリアGPに続く、3連戦最後の戦いとなる第18戦マレーシアGPが、11月2日(金)~4(日)の3日間、クアラルンプール郊外のセパン・インターナショナル・サーキットで開催される。マレーシアGPは、1991年にシャーアラムでスタートした。その後、ジョホールへと舞台を移し、99年からはクアラルンプール国際空港に近い、セパンで開催されるようになった。マレーシアGPは今年で28度目、セパンでは20度目の開催となる。

MotoGP | ヤマハ 第18戦 マレーシアGP プレビュー

2018年11月2日
MotoGP ヤマハ マレーシアグランプリ
先週のフィリップアイランドではマーベリック・ビニャーレスが優勝を果たしたMovistar Yamaha MotoGPが、今週は再び太平洋を越えてマレーシアへ。3連戦の最終は今週末、セパン・インターナショナル・サーキットで開催される。

ヨーロッパを離れ、日本、オーストラリア、マレーシアと続くフライアウェイの3連戦。先週までに2戦を終えてライダーたちの疲労も高まってきている上に、マレーシアの暑さが、いつも以上のスタミナを要求する最も過酷な状況が予想されている。

マックス・フェルスタッペン 「ハミルトンのマシンなら誰でも勝てる」

2018年11月1日
F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンのクルマに乗っていれば、トップドライバーであれば誰でも2018年のF1ワールドチャンピオンを獲得できていただろうと語る。

先週末のF1メキシコGPでフアン・マヌエル・ファンジオに並ぶ自身5度目のF1ワールドチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンは、今年のセバスチャン・ベッテルとのバトルはキャリアで最も厳しい戦いだったと語っている。

ピエール・ガスリー、アブダビテストでのレッドブルとの作業開始を願う

2018年11月1日
F1 ピエール・ガスリー レッドブル・レーシング
ピエール・ガスリーは、今シーズン終了後のアブダビテストで2019年の移籍に先駆けてレッドブル・レーシングとの準備を開始できることを望んでいると語る。

今年、トロロッソ・ホンダで印象的なシーズンを過ごしたピエール・ガスリーは、2019年にルノーに移籍するダニエル・リカルドの後任としてレッドブル・レーシングに加入することが決定している。

ルイス・ハミルトン 「F1イタリアGPがターニングポイントだった」

2018年11月1日
F1 ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、フェラーリの母国グランプリとなったF1イタリアGPで勝利したことで、メルセデスがフェラーリに“最大の心理的な打撃”を与えた考えている。

F1ベルギーGPで勝利を挙げ、セバスチャン・ベッテルはルイス・ハミルトンに17ポイント差でモンツァに到着した。

ダニエル・リカルド、2018年の残り2レースを欠場?

2018年11月1日
F1 ダニエル・リカルド レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは、2018年のF1世界選手権の残り2レースを欠場するのではないかと噂されている。

F1メキシコGPをポールポジションからスタートしたダニエル・リカルドだが、4番手を走行していた残り9周でハイドロリック系のトラブルによってコース上でストップ。今シーズン8度目のリタイアを喫した。

2018年 F1ブラジルGP:各ドライバーのタイヤ選択

2018年11月1日
F1 ブラジルGP ピレリ
2018年のF1世界選手権 第20戦 ブラジルGPでの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式サプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、インテルラゴス・サーキットにミディアム(白)、ソフト(黄)、スーパーソフト(赤)という3種類のコンパウンドを選択。レースではミディアムとソフトのいずれか1セットを使用されなければならない。また、スーパーソフトは予選Q3で使用しなければならない。残りの10セットはチームが自由に選択できる。

ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズの状態は心配していない」

2018年11月1日
F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ
ジョージ・ラッセルは、今年のグリッドで最も遅いチームであるウィリアムズで2019年にF1デビューを果たすことは“心配していない”と語る。

メルセデスの支援を受けるジョージ・ラッセル(22歳)は、今年のF2チャンピオンに王手をかけており、2019年はウィリアムズからF1デビューを果たすことが決定している。

ブレンドン・ハートレー 「積極的に発言しているのは自分を守るため」

2018年11月1日
F1 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1で遠慮せずに自分の思ったことを発言するようになったのは自分を守る必要があると実感したからだと語る。

トロロッソ・ホンダは、2019年にレッドブル・レーシングに移籍するピエール・ガスリーの後任としてダニール・クビアトを起用することを発表。しかし、ブレンドン・ハートレーのシートについては不確実となっており、アレクサンダー・アルボンが2つ目のシートを獲得するとも報じられている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 63 | 64 | 65 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム