MotoGP ホンダ マレーシアGP
日本GP、オーストラリアGPに続く、3連戦最後の戦いとなる第18戦マレーシアGPが、11月2日(金)~4(日)の3日間、クアラルンプール郊外のセパン・インターナショナル・サーキットで開催される。マレーシアGPは、1991年にシャーアラムでスタートした。その後、ジョホールへと舞台を移し、99年からはクアラルンプール国際空港に近い、セパンで開催されるようになった。マレーシアGPは今年で28度目、セパンでは20度目の開催となる。

セパンは一周5.543km。2本の長いストレートとバラエティーに富んだコーナーが組み合わさったレイアウトで、MotoGPマシンのテストに適していることから、ウインターテストの舞台としても定着した。マレーシアは熱帯地方であり気候が安定しているため、1年中走行することができる。今年は1月下旬から2月上旬にかけて公式テストが行われた。

チームや選手にとって、セパンはシーズンを通して最もデータが豊富なサーキット。マシンのセットアップなどがどう進化したのか、確認できる大会となる。Honda勢は、3年ぶりの大会制覇とセパン7勝目を目指す。

3連戦最初のレースとなった日本GPで、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)が3年連続5回目のタイトルを獲得し、3年連続24回目となる最高峰クラスのコンストラクターズタイトルにも王手をかけた。しかし、前戦オーストラリアGPは、Honda勢にとって厳しい結果が待ち受けていた。チャンピオンのマルケスは、今季6回目のポールポジション(PP)から今季9勝目に向けて快走したが、後方にいた選手がマルケスに接触、その衝撃でマシンがダメージを受け、リタイアとなった。

さらにチームメートのダニ・ペドロサも転倒リタイア。今季2勝目と4回目の表彰台が期待されたカル・クラッチロー(LCR Honda CASTROL)もケガのために欠場と、RC213Vのファクトリーマシンに乗る3選手がノーポイント。Honda勢最上位は、インディペンデントチームのEstrella Galicia 0,0 Marc VDSから参戦のフランコ・モルビデリで、8位で8ポイントを獲得。引き続きコンストラクターズタイトルに王手をかけて今大会に挑むが、Honda陣営にとっては、ここからの2戦は仕切り直しの戦いとなる。不運なトラブルでオーストラリアGPをリタイアしたマルケスは、気持ちを切り替えてマレーシアGPに挑む。

過去、マレーシアGPでは、125ccクラスで2010年、MotoGPクラスは14年に優勝している。マルケスにとってはシーズンを通して優勝回数の少ないサーキットの一つだが、14年の大会では、シーズン最多ポールポジション記録となる13回目を樹立。15年のウインターテストでは、初めて1分59秒台を切って1分58秒台に入れた驚異的な走りが記憶に残る。今年はすでにチャンピオンを決めており、Hondaのコンストラクターズタイトル獲得に向けて全力を尽くすことになる。

今年を最後に引退を表明しているペドロサは、今季初表彰台を目指す。この3連戦、日本GPでは8位、オーストラリアGPでは転倒リタイアと思うような結果を残せなかったが、得意とするマレーシアGPに気合を入れている。過去、セパンでは、125ccと250ccで優勝、MotoGPクラスでは、12年、13年、そして15年と3度の優勝を果たしている。昨年はPPを獲得。決勝は雨に翻ろうされて5位だったが、過去2戦の雪辱と今季初表彰台に闘志を燃やしている。

総合5位につけるクラッチローは、前戦オーストラリアGPのフリー走行でのケガのために今回も欠場する。代役として、テストライダーで今季3回出場しているステファン・ブラドルが出場する。

ルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得に向けて着実に前進するモルビデリは、引き続き今大会も今季ベストに挑む。前戦オーストラリアGPでは、今季2回目のシングルフィニッシュを達成、ベストリザルトの8位でフィニッシュし、Hondaのコンストラクターズタイトル獲得に大きな貢献を果たした。今大会は7位以上を目指す。

日本GPで15位、オーストラリアGPで14位と着実にポイントを獲得している中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は3戦連続ポイント獲得とシングルフィニッシュを目指す。

17戦を終えて未だポイント獲得のないトーマス・ルティ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)は、引き続き、今季初ポイント獲得を目標に挑む。前戦オーストラリアGPでは16位と、ポイント獲得にあと一歩だった。

マルク・マルケス(MotoGP チャンピオン)
「オーストラリアGPはいろいろなことがありました。最後まで戦えなかったのは残念ですが、もう過去のことです。マレーシアラウンドに向けていつものように前を向き、ポジティブなメンタルで向かいたいと思います。まだあと2つのタイトル獲得という目標があります。まだチャンスがあるようなら、引き続き勝利を目指しがんばりたいと思います。マレーシアは体力的に難しいラウンドですが、準備はしてきたので、高い集中力を維持して、金曜日の午前中から力強くスタートしたいです」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 総合12位)
「マレーシアグランプリは天候もコースも簡単ではありません。コースが広いので正確なラインといいセットアップを必要とします。大好きなサーキットなので、いい仕事をして、しっかり合ったセッティングを見つけ、いい週末にできるようにがんばりたいです」

フランコ・モルビデリ(MotoGP 総合14位)
「フィリップアイランドはとてもポジティブなレースだったので、セパンを楽しみにしています。今年のはじめにセパンでテストしているので、いろいろ、比較できるものがあります。役に立つデータもあります。テストではいい走りができていないので、今回は速くなって前進できることを願っています。とても暑くて、体力的にたいへんですが、マレーシアにはすばらしい思い出があります。1年前にMoto2のタイトルを獲得しました。今回の目標はルーキー・オブ・ザ・イヤーのタイトルに近付くことです」

中上貴晶(MotoGP 総合20位)
「マレーシアへ飛ぶ前にチームメートのカル(・クラッチロー)のお見舞いに行きました。彼がいないピットはいつもと違うと思うので、早くよくなることを願っています。セパンでは経験と才能があるステファン・ブラドルがカルの代役になると聞いてうれしいです。今季ラスト2戦となるマレーシアは暑さのために最も体力的に難しい大会です。また、天候も複雑で、ドライでセッションを走っていても、次のセッションで完全にフルウエットになったりします。目標はレースウイークを通して安定することです。オーストラリアではアップダウンのあるリザルトとなり、最終的には期待していた結果は残せませんでした」

トーマス・ルティ(MotoGP 総合27位)
「セパンは冬にテストをしていますが、かなり前のことです。セパンのサーキットはとても好きですし、フィリップアイランドでのフラストレーションのたまる週末を忘れるためにも、早くサーキットに戻って走りたいです。モチベーションを高く保ち、いつものようにできる限り強くなれるようにベストを尽くしたいです」

ステファン・ブラドル(MotoGP 総合28位)
「またMotoGPに出場することになり楽しみです。特にLCR teamに戻ることができるのでうれしいです。彼らとはたくさんのいい思い出があります。いいかたちでHRCのためにプロフェッショナルな仕事をしたいと思います。いい結果も残したいと思います。ポイントを獲得できたらうれしいです。どのような週末になるかは様子を見たいです。難しいと思いますが、最も重要なことは一生懸命取り組み、楽しむことです」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: MotoGP