F1 ダニエル・リカルド レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは、2018年のF1世界選手権の残り2レースを欠場するのではないかと噂されている。

F1メキシコGPをポールポジションからスタートしたダニエル・リカルドだが、4番手を走行していた残り9周でハイドロリック系のトラブルによってコース上でストップ。今シーズン8度目のリタイアを喫した。

レース後、ダニエル・リカルドは「正直、今のこんな状態では日曜日に走っても意味など見い出せないし、今後の2レースも走っても意味はないんじゃないかとさえ思う」とコメント。

「もう長いことクリーンなレースも週末も過ごしていない。迷信とかを信じるタイプではないけど、このマシンは呪われているよ。そうとしか言えない」

2019年、ダニエル・リカルドの後任はトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが務めるが、すでにガスリーにマシンを明け渡す準備はできているとリカルドは語っていた。

「日曜日にこんなことばかり起こってもう説明がつかないよ。僕にはわからないし、クルマは・・・ガスリーに運転させよう。僕はもうおしまいだ」

だが、レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ダニエル・リカルドはブラジルとアブダビの最終2戦をレッドブル・レーシングで終えると主張する。

「リカルドは感情的になっている。だが、非常にフラストレーションを抱えた午後に見舞われた。私はそれを理解することができる」

「最後の2レースでは彼のために黒い雲が晴れてくれることを願っている」

ダニエル・リカルドは、今シーズン限りでレッドブル・レーシングを離れ、2019年からルノーに移籍することが決定している。

すでにダニエル・リカルドは、来季に関連する会議には参加しておらず、チーム内で孤立したているとも噂されている。また、リカルドのクルマにだけトラブルが発生するのはチームの陰謀ではないかとの推測も浮上している。

ロシア自動車連盟のイゴール・イェルミリンは、この噂について「私は陰謀説に加わるつもりはない」と前置きしたうえで次のように語った。

「おどらくレッドブルは彼を少し冷たく扱っているかもしれない。だが、陰謀のよゆなことはプロフェショナルなチームではありえないことだ。偶然であった可能性の方が高い」

「私は、ダニエルはメキシコでつい熱くなってそのようなことを口にしたんだと思っている」

2019年はレッドブル・レーシングに移籍するピエール・ガスリーの後任としてロシア出身のダニール・クビアトがトロロッソ・ホンダでF1復帰することが決定している。

イゴール・イェルミリンは「だが、もしレッドブルがガスリーを乗せることになれば、ダニール・クビアトは少し早めにトロロッソで復帰できるかもしれない。そうなれば、全員がハッピーだろう」と付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / レッドブル