2018年05月のF1情報を一覧表示します。

ルノーF1、ストフェル・バンドーン獲得に興味

2018年5月31日
F1 ルノーF1 ストフェル・バンドーン マクラーレン
ルノーF1チームは、マクラーレンのストフェル・バンドーンの獲得に興味を示している。

今年、マクラーレンで2年目を迎えたストフェル・バンドーンだが、チームメイトのフェルナンド・アロンソを予選・決勝ともに上回るおとができず、今シーズン限りでのシート喪失も噂され始めている。

レッドブル 「フェルスタッペンはリカルドから学ぶべき」

2018年5月31日
F1 レッドブル・レーシング マックス・フェルスタッペン ダニエル・リチャルド
レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、今季ミスを連発させているマックス・フェルスタッペンに対し、チームメイトのダニエル・リカルドから学ぶべきだとアドバイスを送った。

マックス・フェルスタッペンは、今シーズンの開幕6戦の全てのレース週末で何らかの事故やミスを起こしており、先週末のF1モナコGPではフリー走行3回目にクラッシュを喫して予選に出走できず、勝利のポテンシャルのあるマシンでのレース週末を棒に振った。

マクラーレン、フェルナンド・アロンソのためにインディカーにフル参戦?

2018年5月31日
F1 マクラーレン フェルナンド・アロンソ インディカー・シリーズ
マクラーレンは何としてでもフェルナンド・アロンソを手元に置いておきたいのかもしれない。たとえ、それがF1ではなかったとしても・・・。

F1モナコGPの週末にはフェルナンド・アロンソのマネジメント陣がフェラーリと接触していたとの噂が浮上し、マクラーレンのザク・ブラウンはアロンソを保持したいとの希望を公にしている。

キミ・ライコネンにセクハラ疑惑。女性が「胸や性器を触られた」と訴え

2018年5月31日
F1 キミ・ライコネン セクハラ疑惑
キミ・ライコネンがカナダ人の女性からセクハラ被害を訴えられた。しかし、ライコネン側の弁護士は逆に嫌がらせや脅迫を受けているとしてモントリオール警察に被害届を提出した。

La Presse によると、2016年にモントリオールのバーで働いていたという20代の女性が、キミ・ライコネンに身体を触られたと主張していると報道。

ダニエル・リカルドのMGU-Kは無事…カナダGPでのペナルティは回避

2018年5月31日
F1 ダニエル・リチャルド レッドブル・レーシング F1カナダGP
ルノーは、F1モナコGPで不具合が発生したレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドのMGU-Kは再使用可能であり、次戦カナダGPではペナルティを受けることはないとしている。

先週末のF1モナコGPの決勝では28周目にダニエル・リカルドのMGU-Kが機能しなくなったが、リカルドは20%のパワーと2つのハイギアを失ったクルマで勝利を収めていた。

ブレンドン・ハートレー 「ホンダF1のアップグレードは大きな前進を生む」

2018年5月31日
F1 ブレンドン・ハートレイ トロロッソ・ホンダ ホンダF1
トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1モナコGPでのミッドフィールドでの戦いを通してトロロッソがSTR13のポテンシャルを解放しはじめていると感じており、F1カナダGPでのホンダのF1エンジンアップグレードによってその勢いは継続されると確信していると語る。

F1モナコGPのフリー走行3回目に7番手タイムを記録していたブレンドン・ハートレーだが、予選Q1でトラフィックに直面して15番グリッドからスタート。

レッドブル 「F1カナダGPでルノーとホンダのパフォーマンスを比較する」

2018年5月31日
F1 レッドブル・レーシング ルノーF1 ホンダF1 本田技研工業
レッドブル・レーシングは、2019年のF1エンジン供給元についてF1カナダGPでルノーとホンダを比較するとの姿勢を崩しておらず、決定は6月末、あるいは7月上旬になるだろうと述べた。

現在、レッドブル・レーシングは、過去にダブルタイトルを4連覇したルノーとの契約を更新するか、もしくは姉妹チームのトロロッソにF1パワーユニットを供給するホンダとワークス契約を結ぶかを検討している。

アメトーーク! 「バイク芸人」にホンダ RC213Vが登場 / MotoGP

2018年5月31日
アメトーーク! バイク芸人 MotoGP ホンダ RC213V
5月31日(木)に放送されるテレビ朝日「アメトーーク!」のテーマは『バイク芸人』。そこでホンダがMotoGPを戦うマシン「RC213V」が登場する。

『バイク芸人』のゲストは、千原ジュニア、ヒロミ、バイきんぐ小峠、チュートリアル、とろサーモン村田、スピードワゴン井戸田、コロコロチキチキペッパーズ・ナダル。

ウィリアムズ、空力責任者のディルク・デ・ビアがチームを離脱

2018年5月31日
F1 ウィリアムズF1 ディルク・デ・ビア
ウィリアムズで空力責任者を務めていたディルク・デ・ビア(Dirk de Beer)がチームを離脱したことが発表された。

ディルク・デ・ビアは、2017年初旬にフェラーリから移籍したが、わずか1年足らずでチームを離れることになった。今年に入ってウィリアムズは、チーフデザイナーのエド・ウッドがチームを離れており、チームの主要人物の離脱は二人目となる。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 53 | 54 | 55 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム