2018年05月のF1情報を一覧表示します。

レッドブル 「リカルドの去就よりホンダかルノーかのエンジン決定が先決」

2018年5月31日
F1 レッドブル・レーシング ホンダF1 ルノーF1 ダニエル・リカルド
レッドブル・レーシングは、ダニエル・リカルドと新契約を締結することよりも、2019年にホンダとルノーのどちらのF1パワーユニットを搭載するかを決定することの方が優先度が高いと語る。

ダニエル・リカルドは、2019年以降もレッドブル・レーシングに残留するべきかどうかを評価しているが、同時にレッドブルはエンジンサプライヤーをルノーとの契約を更新するか、もしくはホンダとワークス契約を結ぶかを検討している。

ピエール・ガスリー 「トロロッソ・ホンダのタイヤマネジメントは驚異的」

2018年5月31日
F1 トロロッソ・ホンダ ピエール・ガスリー
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1モナコGPでSTR13がハイパーソフトであれほど長く走れたのは“信じられないくらい”だったと語る。

ピエール・ガスリーは、F1モナコGP決勝の第1スティントでハイパーソフトで全ドライバーで最多となる37周を走行。しかもそれは予選ですでに使用した6周オールドのタイヤだった。

トロロッソ・ホンダ:F1モナコGP 現場レポート

2018年5月30日
F1 トロロッソ・ホンダ ピエール・ガスリー モナコグランプリ トロロッソ ホンダF1
トロロッソ・ホンダにとって、チーム、ドライバーともに確かな手応えを感じられる結果となった第6戦モナコGP。そんなモナコでの週末をチームスタッフが振り返った。

伝統のモナコGP――モンテカルロ市街地コースで開催されるモナコGPは、シリーズの中でも独特の雰囲気を漂わせるグランプリだ。

ストフェル・バンドーン 「マクラーレンのF1シート喪失は心配してない」

2018年5月30日
F1 ストフェル・バンドーン マクラーレン
ストフェル・バンドーンは、マクラーレンでの自身の将来について心配はしていないと語る。

2015年のGP2チャンピオンであるストフェル・バンドーンは、期待の新人として2016年にマクラーレンのレギュラーシートを獲得したが、今のところインパクトは残せていないとの評価が多い。

2018年 F1カナダGP:各ドライバーのタイヤ選択

2018年5月30日
F1 カナダグランプリ 2018年のF1世界選手権 F1カナダGP
2018年 F1世界選手権 第6戦カナダGPでの各ドライバーのタイヤ選択をF1公式サプライヤーのピレリが発表した。

ピレリは、高速ストレートとハードブレーキングを強いられるレイアウトを有するジル・ヴィルヌーヴ・サーキットに、前戦モナコGPに続いて最も柔らかいコンパンドであるハイパーソフト(ピンク)を投入。

【F1】 2021年にウィリアムズ・ポルシェ誕生の可能性も?

2018年5月30日
F1 ウィリアムズ ポルシェ ウィリアムズ・ポルシェ
ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、2021年にポルシェのワークスチームになれるのであれば喜んでそれを受け入れると語る。

F1は、2021年に新しいF1エンジンレギュレーションを導入する予定であり、ポルシェがエンジンサプライヤーとしてF1に新たに参入する可能性が報じられている。

マックス・フェルスタッペンはトロロッソ・ホンダに降格させるべき?

2018年5月30日
F1 マックス・フェルスタッペン トロロッソ・ホンダ
マックス・フェルスタッペンは、2018年シーズンにミスを多発していることで、トロロッソ・ホンダに降格させるべきだとの批判が広まっている。

レッドブル・レーシングは、チームメイトのダニエル・リカルドがF1モナコGPで完璧な週末を過ごし、決勝では手負いのマシンでポール・トゥ・ウィンする走りを見せたが、マックス・フェルスタッペンはフリー走行3回目にクラッシュを喫して予選に参加できず、最後尾からスタートして9位でレースを終えた。

ルノーF1、レッドブルの“ホンダのアップグレード待ち”に苛立ちのピーク

2018年5月30日
F1 ルノーF1 レッドブル・レーシング ホンダF1 本田技研工業
ルノーF1は、レッドブル・レーシングが2019年のF1エンジンサプライヤー決定について“ホンダのアップグレード待ち”の態度を貫いていることに苛立ちがピークに達しているようだ。

現在、レッドブル・レーシングは、過去にダブルタイトルを4連覇したルノーとの契約を更新するか、もしくは姉妹チームのトロロッソにF1パワーユニットを供給するホンダとワークス契約を結ぶかを検討している。

バルテリ・ボッタス 「モナコGPではトロロッソ・ホンダの方が速かった」

2018年5月30日
F1 トロロッソ・ホンダ モナコグランプリ P. ガスリー トロロッソ
バルテリ・ボッタスは、F1モナコGPでのハイパーソフトタイヤでの第1スティントでメルセデスがトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーに匹敵できなかったと認める。

10番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、ピレリの最も柔らかいコンパウンドであるハイパーソフトタイヤで全ドライバーで最長となる37周を走行する見事なタイヤマネジメントで7位入賞を果たしている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 53 | 54 | 55 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム