2017年07月のF1情報を一覧表示します。

フェルナンド・アロンソ、“カミカゼ”アタックで今季最高6位

2017年7月31日
フェルナンド・アロンソ マクラーレン ハンガリーグランプリ
マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、F1ハンガリーGP決勝でのカルロス・サインツとの6位をかけたバトルの場面で“カミカゼ”アタックを仕掛けなければならなかったと述べた。

シーズンで最もパワーユニットの性能差が出にくいとされるハンガロリンクで、マクラーレン・ホンダは週末を通してトップ10圏内のパフォーマンスを発揮。

ホンダF1 「ダブル入賞は間違いなくポジティブな前進」 / F1ハンガリーGP

2017年7月31日
マクラーレン ハンガリーグランプリ ホンダ
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介が、マクラーレン・ホンダのF1ハンガリーGPの決勝を振り返った。

マクラーレン・ホンダは、パワーユニットの性能差が出にくいハンガロリンクで週末を通してパフォーマンスを発揮し、決勝ではフェルナンド・アロンソが6位、ストフェル・バンドーンが10位とダブル入賞を果たして9ポイントを獲得。アロンソはレースのファステストラップも記録した。

フェラーリ:ベッテルがポール・トゥ・ウィン / F1ハンガリーGP

2017年7月31日
セバスチャン・ベッテル ハンガリーグランプリ
フェラーリは、F1ハンガリーGPの決勝で セバスチャン・ベッテルが優勝。キミ・ライコネンも2位に入り、1-2フィニッシュを達成した。

セバスチャン・ベッテル (優勝)
「チーム内の全員がとても満足できる結果だと思うし、今日僕たちが成し遂げたことを誇りに思っているよ! 後からキミに申し訳ないと伝えた。レース中は、僕は遅かったし、苦しんでいたからね。サンドイッチの真ん中にいるのはキミにとって良いことではなかった」

メルセデス:チームプレイもフェラーリに及ばず / F1ハンガリーGP

2017年7月31日
メルセデス F1 ハンガリーグランプリ
メルセデスは、F1ハンガリーGPの決勝で バルテリ・ボッタスが3位、ルイス・ハミルトンが4位でレースを終えた。

バルテリ・ボッタス (3位)
「今日は本当にトリッキーだった。ペースはそれほど問題なかった。でも、前のクルマの1.5秒以内に入ると、ギャップを縮めるのがかなり難しくなった。それに今日はフェラーリにとってトラックポジションが大きな利益だった」

【フォーミュラE】 ルーカス・ディ・グラッシがチャンピオン獲得!

2017年7月31日
フォーミュラE
フォーミュラE 最終戦 モントリオールePrixの決勝が30日(日)に行われ、ルーカス・ディ・グラッシ(ABTシェフラー アウディスポーツ)がシーズン3のチャンピオンに輝いた。

カナダでの初開催となるモントリオール大会は、3rdシーズンのフィナーレとして7月29日・30日にダブルヘッダーで行われる。コースはヴィジェ通り東からラジオ・カナダを通る特設コース(2.745m)。

ストフェル・バンドーンが今季初ポイント 「かなりポジティブな週末」

2017年7月31日
マクラーレン ハンガリーグランプリ ストフェル・バンドーン
マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンは、F1ハンガリーGPの決勝を10位でフィニッシュ。待望の今シーズン初ポイントを獲得した。

8番グリッドからスタートしたストフェル・バンドーンは、オープニングラップで9位に後退。その後、第1スティントを43周まで延ばしてオーバーカットを狙うも、ピットストップ時にオーバーシュートしてしまいタイムロス。フォース・インディア勢の後ろでコース復帰することなったが、それでも10位でフィニッシュし、待望の今シーズン初ポイントを獲得した。

【インディカー】 第13戦 結果:ニューガーデンが2連勝、佐藤琢磨は5位

2017年7月31日
インディカー・シリーズ 佐藤琢磨
インディカー・シリーズ 第13戦 ミッドオハイオの決勝が30日(日)に行われ、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)が優勝。佐藤琢磨は5位でフィニッシュした。

アメリカ東部オハイオ州、その州都コロンバスの北にあるミッドオハイオ・スポーツカー・コースは、攻略の難しいテクニカルなサーキットとして、全米にその名を馳せている。シリーズ第13戦は、地形を巧みに利用して設計され、適度なアップダウンを備える全長2.258マイルのコースが舞台となる。

【WRC】 トヨタ:第9戦 ラリー・フィンランドでラッピがWRC初優勝

2017年7月31日
世界ラリー選手権 WRC
7月30日(日)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第9戦ラリー・フィンランドの競技最終日デイ4が、フィンランドのユバスキュラを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組(ヤリスWRC #12号車)がWRC初優勝を遂げた。また、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC #11号車)は総合3位でフィニッシュし、初の表彰台を獲得。前日メカニカルトラブルでデイリタイアとなったヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)は、ラリー2規定により再出走し総合21位で完走を果たした。

レッドブル:同士討ちもフェルスタッペンが5位 / F1ハンガリーGP

2017年7月31日
レッドブル F1 ハンガリーグランプリ
レッドブルは、F1ハンガリーGPの決勝で マックス・フェルスタッペンが5位、ダニエル・リカルドがリタイアでレースを終えた。

マックス・フェルスタッペン (5位)
「ターン1から状況は始まっていたと思う。実際、僕のスタートはかなり良かったけど、そのあと少し人工芝の方に押し出されて、かなりスピードを失った。その後、ターン2でダニエルと僕が二人ともポジションを争っていたし、僕たちはコーナーのかなり深いところでブレーキをかけた」
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 59 | 60 | 61 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム