2014年01月のF1情報を一覧表示します。

【画像】 小林可夢偉、ケータハム CT05で初走行

2014年1月31日
小林可夢偉
小林可夢偉が、ケータハム CT05で初走行。ヘレステスト最終日のテストを開始した。

残念ながら、最終日のヘレスは雨。セッションはウェットコンディションでスタートした。

小林可夢偉は、現地時間8時25分にケータハムのガレージを離れ、ウェットタイヤを装着したCT05でインストレーションラップを完了した。

ジェンソン・バトン 「新しいF1エンジンはこれまでで一番パワフル」

2014年1月31日
ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンは、数値的に馬力が増えているわけではないが、最新のF1エンジンはこれまでドライブしてきたどのエンジンよりもパワフルだと語った。

エンジンの馬力やエネルギー回生システム(ERS)の出力は、昨年のV8エンジンと似通ったままだが、過去の自然吸気V8エンジンやV10エンジンと比較すると新しいV6ターボエンジンは低いレブでもトルクが増大している。

ケビン・マグヌッセン 「まだ全開では走ってはいない」

2014年1月31日
ケビン・マグヌッセン
マクラーレンのF1ドライバーとしての初走行でヘレステスト3日目のトップタイムを記録した新人のケビン・マグヌッセンだが、“全開で走ったわけではない”と言ってのけた。

ケビン・マグヌッセンは、午後にジェンソン・バトンからステアリングを引き継いだが、52周を走行して、ここまでのヘレステストでのトップタイムとなる1分23秒276というタイムを記録した。

フェルナンド・アロンソ 「ドライビングスタイルに違いはない」

2014年1月31日
フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、新しいV6ターボエンジンになってもドライビングスタイルに大きな変化を求められるとは思わないと語った。

フェルナンド・アロンソは、ヘレステスト3日目の30日(木)に初めてフェラーリの新車F14 Tをドライブ。58周を走り込んで5番手タイムを記録した。

今年のV6ターボエンジンはトルクが増加しており、新しいレギュレーションではダウンフォースが減っていると語るドライバーがは多いが、ドライビングのアプローチはそれほど変わらないと明かしたチームメイトのキミ・ライコネンにフェルナンド・アロンソも同意している。

2014年 F1ヘレステスト3日目:ドライバーコメント

2014年1月31日
F1
2014年のF1プレシーズンテストの3日目が終了した。

3日目は、マクラーレンの新人ケビン・マグヌッセンが午後からの走行でいきなりトップタイムを記録。まだ各チームがシステムをチェックしている段階ではあるが、マグヌッセン、そしてマクラーレン MP4-29のポテンシャルを感じさせるセッションとなった。

ルノー 「バーレーンテストまでには問題は解決できる」

2014年1月31日
レッドブル ルノー
ルノーは、エンジンを供給するF1チームが見舞われている問題をバーレーンテストまでに解決できると主張する。

今週、ルノーエンジンを搭載するF1チームは信頼性に苦しんでおり、ルノーはヘレスで厳しい時間に直面している。

最大の注目は、チャンピオンチームであるレッドブルが、3日間でわずか14周しか走行できていないことだ。

フェラーリ 「ノーズ形状はそれほど重要なエリアではない」

2014年1月31日
フェラーリ
2014年のF1マシンは、多種多様なノーズ形状が注目を集めているが、フェラーリのテクニカルディレクターを務めるジェームズ・アリソンは、全体のパフォーマンスにおけるノーズの重要性はそれほど大きくはないと述べた。

ジェームズ・アリソンは、昨年までいたロータスでE22の“2本牙”ノーズに取り組んでいた。フェラーリ F14 Tは、まったく異なる“掃除機”のようなノーズを採用しているが、フェラーリはいくつかの選択肢を考えていたという。

F1ヘレステスト3日目:ケビン・マグヌッセン(マクラーレン)がトップタイム

2014年1月31日
F1
F1プレシーズンテストが30日(木)、スペインのヘレス・サーキットで3日目を迎えた。

ヘレステスト3日目は、マクラーレンの新人ケビン・マグヌッセンがMP4-29での初走行でトップタイムとなる1分23秒276を記録した。

2番手にはウィリアムズでのトラックデビューとなったフェリペ・マッサ、3番手には62周を走行したルイス・ハミルトン(メルセデス)が続いた。

ポルシェ、新型911タルガの予約受注を開始

2014年1月31日
ポルシェ 911タルガ
ポルシェ ジャパンは、911タルガ4および911タルガ4Sの予約受注を2月1日(土)より全国のポルシェ正規販売店にて開始する。価格は911タルガ4が1500万円、911タルガ4Sが1800万円(税込)。

新しく生まれ変わった911タルガは、クラシカルなタルガのコンセプトと最先端のルーフテクノロジーを融合した初めてのモデル。伝説の初代タルガ同様、ニューモデルのタルガにも特徴的なワイドなBピラーを備えている。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 24 | 25 | 26 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム