2011年02月のF1情報を一覧表示します。

フェルナンド・アロンソ、ハミルトンのマシンに妨害工作を要請していた?

2011年2月27日
フェルナンド・アロンソ ルイス・ハミルトン
フェルナンド・アロンソが、マクラーレン時代にチームメイトのルイス・ハミルトンのマシンの燃料がなくなるように要請していたいう衝撃な内容が語られている。

これはトム・バウワーが最近出版したバーニー・エクレストンの伝記「No Angel: The Secret Life of Bernie Ecclestone」に記されたもの。

2007年、マクラーレン内でのフェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンの関係は悪化。

ジャン・トッド、ロバート・クビサを見舞う

2011年2月27日
ジャン・トッド
FIA会長のジャン・トッドは、ロバート・クビサを見舞うため病院を訪れた。

イタリアの報道によると、ジャン・トッドはジェラルド・サイヤン博士といったFIAの他の関係者とともにサンタコロナ病院を訪れ、コメントすることなく病院を後にしたという。

「ロバートは、医療スタッフによって立証された計画に基づき、ここで続けています」とロバート・クビサのマネージャーを務めるダニエル・モレリはコメント。

セルジオ・ペレス、故郷メキシコでデモ走行

2011年2月27日
セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスが、故郷メキシコのグアダラハラでデモ走行を実施。約20万人の観客が声援を送った。

小林可夢偉のチームメイトとして今年ザウバーからF1デビューするセルジオ・ペレスは、30年ぶりのメキシコ人ドライバーとして母国で大きな注目を集めている。

セルジオ・ペレスは、ザウバーの昨年マシンC29でストリートに特設された1.5kmのコースをドライブ。ドーナツターンを含めたパフォーマンスを披露した。

ヴァージン、マノーGP3の優秀ドライバーのテスト参加を継続

2011年2月27日
ヴァージン
ヴァージン・レーシングは、今年も提携しているマノーGP3チームで最も成功を収めたドライバーをF1テストに参加させることを発表した。

ヴァージン・レーシングは、若手育成システムの一貫として、マノーGP3チームで最もポイントを獲得したドライバーを冬に行われる若手ドライバーテストに参加させる。

ザウバー 「若手ペアはハンデではない」

2011年2月26日
小林可夢偉とセルジオ・ペレス
ザウバーのテクニカルディレクターを務めるジェイムス・キーは、すでにチームリーダーの役割にステップアップしている小林可夢偉の努力を称賛。ザウバーのドライバーラインナップのF1での経験不足はチームの発展に不利益にはならないと述べた。

ヒスパニア・レーシングがナレイン・カーティケヤンのチームメイトに誰を起用するかにもよるが、F1で21戦しかレースをしていない小林可夢偉とGP2から昇格したばかりのセルジオ・ペレスというザウバーのドライバーラインナップは、今年のF1で最も経験の少ないペアとなる。

ウィリアムズ、FW33のリアウイングの振動問題を否定

2011年2月26日
ウィリアムズ FW33
ウィリアムズのテクニカルディレクターを務めるサム・マイケルは、FW33のリアウイングマウント方法による振動への懸念を否定した。

FW33は、非常に低く上反角がついたディファレンシャルとギアボックスを特徴としており、リアサスペンションのウィッシュボーンをリアウイングのセンターピラーにマウントするというアグレッシブなデザインを採用している。

ウィリアムズ、FW33の急進的なアプローチに望み

2011年2月26日
ウィリアムズ
ウィリアムズのアダム・パーは、チームがF1の上位に返り咲くために必要なのは資金ではなくむしろ“知性と想像力”だと考えており、急進的なFW33がその方向で大きな進歩を遂げると楽観的に捉えている。

ウィリアムズは、2004年以降レース優勝から遠ざかっており、ワールドチャンピオンの獲得は13年前まで遡らなければならない。

メルセデスGP 「冷却問題によってパフォーマンスが損なわれていた」

2011年2月26日
メルセデスGP
メルセデスGPのチーム代表ロス・ブラウンは、テストでW02が冷却系に問題を持っており、一時的な変更を加えたことによりパフォーマンスが損なわれていたと述べた。

メルセデスGPは、これまでのテストで走らせていたマシンは信頼性を確保するという戦略的な決定に基づく“ベーシック”なパッケージであり、最終テストには2011年スペックのマシンを持ち込むとしている。

動画:ウィリアムズ FW33 カラーリング発表会

2011年2月26日
ウィリアムズ FW33
ウィリアムズは24日(木)、2011年のF1に参戦するFW33の正式カラーリングを発表した。

これまでのウィリアムズはFW33の発表会を開催しておらず、テストでもネイビーの暫定カラーリングを採用していた。イギリスのチーム本拠地で実施され発表会ではテクニカルディレクターのサム・マイケルがFW33の技術仕様を解説。ウィリアムズのオフィシャルサイトでもその模様は生中継された。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 43 | 44 | 45 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム