2011年01月のF1情報を一覧表示します。

動画:ザウバー C30 新車発表会

2011年1月31日
ザウバー C30 新車発表会
ザウバーは31日(月)、スペインのバレンシア・サーキットで2011年F1マシン「C30」を発表した。

発表会では、レースドライバーの小林可夢偉とセルジオ・ペレスが、2011年版の新しいレーシングスーツに身を包み、ザウバー C30のアンベールを行った。

午後からは、小林可夢偉がステアリングを握り、C30のシェイクダウンを実施。小林可夢偉は、明日から始まる合同テストの初日の走行も担当する。

小林可夢偉 「チームを引っ張る準備はできている」

2011年1月31日
小林可夢偉
小林可夢偉が、ザウバー C30の発表会でザウバーでの2年目のシーズンに向けての意気込みを語った。

今年、ルーキーのセルジオ・ペレスとチームを組む小林可夢偉は、チーム内でベテランとしてチームリーダーの役割を担うため、2011年は違ったアプローチになるだろうと述べた。

ザウバー C30

2011年1月31日
ザウバー C30
Sauber C30
ザウバーの2011年F1マシン「C30」。C30は、フェラーリ製のエンジン、ギアボックス、そしてKERSを搭載する。

チーム・ロータス T128

2011年1月31日
チーム・ロータス T128
Team Lotus T128
チーム・ロータスの2011年F1マシン「T128」。2011年のロータスのF1マシンは、ルノー製エンジンとレッドブル・テクノロジー製のギアボックスを搭載する。

ロータス・ルノーGP R31

2011年1月31日
ロータス・ルノーGP R31
Lotus Renault GP R31
ロータス・ルノーGPの2011年F1マシン「R31」。2011年、ルノーはグループ・ロータスと提携し、ロータス・ルノーGPとして参戦。ロータスチームが1980年代に採用していたブラックとゴールドのカラーリングが映えている。

ブルーノ・セナ、ロータス・ルノーGPのリザーブドライバーに就任

2011年1月31日
ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナが、ロータス・ルノーGPのリザーブドライバーに就任したことが発表された。

ロータス・ルノーGPは31日(月)、バレンシア・サーキットでR31の発表会を開催。昨日、リザーブドライバーに就任したことを明らかにしていたロマン・グロージャンに加え、ブルーノ・セナがリザーブドライバーとしてチームに加入したことが発表された。

ロータス・ルノーGP、R31を発表

2011年1月31日
ロータス・ルノーGP R31
ロータス・ルノーGPは、2011年F1マシン「R31」を発表した。

ロータス・ルノーGPは31日(月)、バレンシア・サーキットでR31の発表会を開催。チームオーナーのジェラルド・ロペス、チーム代表のエリック・ブーリエ、ロマン・グロージャンらリザーブドライバー陣が見守る中、レースドライバーのロバート・クビサとヴィタリー・ペトロフがR31のアンベールを行った。

ザウバー、C30を発表

2011年1月31日
ザウバー C30
ザウバーは、2011年F1マシン「C30」を発表した。

ザウバーは31日、バレンシア・サーキットでザウバー C30の発表会を開催。レースドライバーの小林可夢偉とセルジオ・ペレスがC30のアンベールを行った。

ザウバー C30は、テルメックのロゴと新スポンサー「クラロ(Claro)」の赤のロゴが特徴的。クラロは、カルロス・スリム氏が所有するアメリカ・モビルが出資するメキシコの携帯通信企業だ。

トニー・フェルナンデス 「T128で新たな伝説を作っていきたい」

2011年1月31日
T128
チーム・ロータスのチーム代表トニー・フェルナンデスは、T128がコーリン・チャップマンが築き上げた遺産を正当する“伝説”の始まりになってくれることを望んでいる。

チーム・ロータスは31日、に2011年F1マシン「T128」を発表。グループ・ロータス側と名称論争にあるチーム・ロータスだが、トニー・フェルナンデスはコーリン・チャップマンからインスピレーションを受ける一方で、チーム独自に伝説を作っていくことを望んでいると述べた。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム