ロータス・ルノーGP R31
Lotus Renault GP R31
ロータス・ルノーGPの2011年F1マシン「R31」。2011年、ルノーはグループ・ロータスと提携し、ロータス・ルノーGPとして参戦。ロータスチームが1980年代に採用していたブラックとゴールドのカラーリングが映えている。

R31 主要諸元

シャシー成形されたカーボンファイバーおよびアルミニウムのハニカム構造モノコックはローマス・ルノーF1チームによって製造され、最軽量を達成しながら、最大の強度と剛性を兼ね備える。RS27 V8エンジンも全応力パーツとして搭載。
フロントサスペンションカーボンファイバー製ダブルウィッシュボーンは、プッシュロッドシステムを経由して内蔵ロッカーを制御。これはモノコック前方に設置されたトーションバーおよびダンパーに接続。アルミニウムアップライトとOZ製マグネシウムホイールを動かす。
リアサスペンションカーボンファイバー製ダブルウィッシュボーンは、ギアボックス・ケーシング上部に垂直に搭載されたトーションバーと、水平に搭載されたダンパーによって制御。アルミニウムアップライトとOZ製マグネシウムホイールを動かす。
トランスミッションバックギア付き7速セミオートマチックのカーボン・チタニウム製ギアボックスを搭載。ギアシフトの高速化を目指す目的で“クイックシフト”システムを採用。
燃料システムATL製ケブラー強化ゴム燃料タンク
冷却システムマシンのサイドポッドに装置された分離型オイルおよび冷却水ラジエーターと、マシンが前進する際の気流を冷却に利用。
電子デバイスMES製マイクロソフト標準電子制御装置(SECU)
ブレーキカーボンディスクおよびパッド、AP Racing製キャリパー。マスターシリンダーはAPレーシングおよびブレンボ製
コックピット解剖学的に成形されたカーボンコンポジット製の可動式ドライバーシートには、OMP製の6点支持ハーネスシートベルトを装着。ステアリングホイールはギアチェンジ制御およびクラッチパドル、そしてリアウイングアジャスターが一体型される。
KERSエネルギを蓄積するバッテリーとともにモータージェネレーターユニットをエンジン前方に搭載。モータージェネレーターはルノー・スポーツF1が供給。電子コントロールユニットはマグネッティマレリ製。

ディメンション

全長5,100mm
全高950mm
全幅1,800mm
トレッド前1,450mm
トレッド後1,400mm
重量640 kg (ドライバー、カメラ、バラスト含む)

エンジン諸元

名称RS27-2011
排気量2,400cc
構造90° V8
重量95kg
最高回転18,000rpm
ECUMES SECU
燃料Total


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルノー | F1マシン