2009年10月のF1情報を一覧表示します。

佐藤琢磨 「The F1 Spirit Takuma SATO」発売記念イベントを開催

2009年10月2日
佐藤琢磨 The F1 Spirit Takuma SATO
佐藤琢磨は、7年間にわたるF1の軌跡をたどったビジュアルブック「The F1 Spirit Takuma SATO」の発売を記念して、六本木のエフワンピットストップカフェにて発売記念イベントを開催する。

「The F1 Spirit Takuma SATO」は、F1カメラマンの熱田護がこれまで撮り貯めてきた作品を中心に、元ホンダF1プロジェクトリーダー木内健雄さんと琢磨の対談、琢磨と縁の深い4人(鈴木亜久里、浜島裕英/ブリヂストン、坂井典次/ホンダ、松本浩明カメラマン)が語る琢磨の実像など、佐藤琢磨の2008年までのF1活動を振り返る一冊に仕上がっている。発売は10月13日、価格は1,890円(税込)。

フェルナンド・アロンソ 「マッサとはうまくやれる」

2009年10月2日
フェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサ
フェルナンド・アロンソは、フェラーリでの新しいチームメイトになるフェリペ・マッサと良い関係を築けると考えている。

アロンソは2007年のマクラーレン在籍時、ルイス・ハミルトンとの確執が伝えられ、複数年契約を解除し、わずか1年でチームを去った過去がある。

しかし、アロンソは、来年フェラーリでフェリペ・マッサとうまくやれると自信をみせている。

ウィリアムズ、2010年のグリッド枠拡大に反対

2009年10月2日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、2010年のグリッド枠を13チームから14チームに拡大しようというFIAの取り組みに反対している。

FIAは、クァドバクによって買収されたザウバーチームのためにグリッド枠を14に拡大することを検討している。しかし、レギュレーションを変更するには、全チームの同意が必要となる。

ウィリアムズのテクニカルディレクターであるサム・マイケルは、14チームへのグリッド拡大に反対するという決断は、来季の参戦を認められた4つの新規チームすべてが、2010年のバーレーンのグリッドにつかない可能性が高いとの見方に基づいていると説明する。

フラビオ・ブリアトーレ 「アロンソはフェラーリで成功する」

2009年10月2日
フラビオ・ブリトーレ
フラビオ・ブリトーレは、フェルナンド・アロンソのフェラーリ移籍が彼のキャリアで「最高の到達点」だと表現した。

クラッシュゲートによりF1界から永久追放されたフラビオ・ブリアトーレだが、早くからアロンソの才能を見い出し、これまでマネージャー、ルノーのチーム代表として、アロンソの2度のワールドチャンピオンを監督してきた。

アロンソ、ルノーの後任にクビサを推薦

2009年10月2日
親友であるフェルナンド・アロンソとロバート・クビサ
来年フェラーリに移籍するフェルナンド・アロンソは、ルノーに自身の後任としてロバート・クビサを推薦している。

BMWがF1から撤退するため、ロバート・クビサとBMWザウバーが結んでいた2010年の契約は無効となり、クビサは移籍市場に出ている。

「彼は僕の親友の一人であり、最高のドライバーの一人だ」とアロンソは語る。

キミ・ライコネン 「F1を離れるかもしれない」

2009年10月1日
キミ・ライコネン
キミ・ライコネンは、来年もF1でレースを続けるかまだ決めていないと語る。

ライコネンは、2007年にフェラーリに加入してワールドチャンピオンを獲得したが、フェラーリは、ライコネンと2010年末まで契約があるにもかかわらず、来年からライコネンに代えてフェルナンド・アロンソと契約を結んだことを発表した。

マクラーレンへ復帰するとの見方が強いライコネンだが、F1でレースをするかしないかをまだ考えていることを認めた。

フェルナンド・アロンソ 「フェラーリでキャリアを終えたい」

2009年10月1日
フェルナンド・アロンソ フェラーリ
2010年にフェラーリ移籍することを発表したフェルナンド・アロンソは、フェラーリがF1でドライブする最後のチームになることを望んでいる。

フェルナンド・アロンソは、2010年にキミ・ライコネンに代わってフェラーリに加入する。契約は3年契約で、2014年までのオプション契約が含まれる。

アロンソは、木曜日に鈴鹿でフェラーリでF1のキャリアを終えたいと思っていることを明らかにした。

ジェンソン・バトン 「鈴鹿でのチャンピオン決定は意識していない」

2009年10月1日
ジェンソン・バトンと道端ジェシカ
ジェンソン・バトンは、鈴鹿でチャンピオンを決定させることは考えていないと主張。いつも通りにレースにアプローチすると語る。

ジェンソン・バトンは、F1日本GPでルーベンス・バリチェロに5ポイント差をつければ、初のワールドチャンピオンを獲得する。

「週末を楽しみにしている。過去にとても楽しんだサーキットだし、速くて流れるようなサーキットで、みんながここでレースをするのを楽しみにしている」

ロバート・クビサ 「まだ来年のチームは決めていない」

2009年10月1日
ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、まだ来年の所属チームを決めていないと語るが、望んでいるシートを獲得できると自信を持っている。

「まだ決めていないよ」とクビサは語る。「僕の見解では、僕がどこにいるか100%の確証はないし、様子を見なければならない」

「僕の選択肢はフェラーリではなかったので、アロンソがフェラーリに行っても行かなくても、僕の将来に影響はないよ」
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 42 | 43 | 44 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム