2009年10月のF1情報を一覧表示します。

ルノー:F1アブダビGP初日

2009年10月31日
ルノー F1アブダビGP初日 結果
ルノーは、F1アブダビGP初日のフリー走行で、フェルナンド・アロンソが16番手、ロマン・グロージャンが18番手だった。

フェルナンド・アロンソ (16番手)
「今日はヤス・マリーナを始めて経験したので、サーキットを学んでマシンのセットアップのベストな方法を考えなければならなかった。多くの異なることを試したし、低速コーナーでのグリップとトラクションを得ることに集中して、いくつか良い進歩が遂げられた。予想していたように、始めはトラックが少しダスティだったけど、ラバーが載ったら、サーキットとクルマの感覚は良くなりはじめた。今夜見てみる多くの情報があるので、予選前にクルマからもっとパフォーマンスを発見するために午前中にいくつか変更を加えることができるだろう」

フォース・インディア: F1アブダビGP初日

2009年10月31日
フォース・インディア F1アブダビGP初日 結果
フォース・インディアは、F1アブダビGP初日のフリー走行で、エイドリアン・スーティルが11番手、ヴィタントニオ・リウッツィが15番手だった。

エイドリアン・スーティル (11番手)
「正しいバランスを得るためにまだ作業することはあるけど、クルマは今日うまく機能していた。ハードタイヤでグリップを少し失っているけど、ソフトコンパウンドではうまくいっていた。両方でウォームアップに苦労しているけどね。午前中はブレーキに問題があって少し走行時間を失ってしまったけど、スタート時はあまりグリップがなかったので、あまりプログラムには影響しなかった」

トロ・ロッソ:F1アブダビGP初日

2009年10月31日
トロ・ロッソ F1アブダビGP初日 結果
トロ・ロッソは、F1アブダビGP初日のフリー走行で、セバスチャン・ブエミが6番手、ハイメ・アルグエルスアリが19番手だった。

セバスチャン・ブエミ (6番手)
「この新しいサーキットには、僕たちにとっては初めてのおもしろい特徴がある。トンネルもそうだし、昼間に走行をスタートして暗くなっていくというのも良い感じだ。午前中のセッションはちょっと難しかったが、午後のセッションでかなりクルマを改善することができた。だから、不満はないよ」

ウィリアムズ、コスワースとの契約を正式発表

2009年10月31日
ウィリアムズ コスワース
ウィリアムズは、コスワースとのエンジン契約を正式発表。2010年からコスワース・エンジンを搭載する。

フランク・ウィリアムズ (ウィリアムズ代表)
「コスワースは、彼らの技術チームのクオリティで我々を引きつけ、彼らのエンジンプログラムが競争力のあるF1エンジンを届けることを納得させた。さらにコスワースは、ウィリアムズと同じくレースとエンジニアリングの情熱を共有する独立企業である。我々はともに働き、2010年のための競争力のあるレーシングカーだけでなく、F1で最高の長期的なパートナーシップを進展させられると信じている」

USF1、モーターランド・アラゴンをヨーロッパ拠点に選択

2009年10月31日
モーターランド・アラゴン
USF1は、2010年シーズンからヨーロッパの拠点としてスペインのモーターランド・アラゴンの施設を使用することを発表した。

USF1は、シャーロットに本拠地を置き、モータースポーツ・アラゴンをテストとマシン開発、物流拠点として使用する。

「モーターランド・アラゴンは、USF1のヨートッパでの活動にとって理想的なモータースポーツ複合施設だ」とUSF1のディレクターであるピーター・ウィンザーは語る。

F1アブダビGP フリー走行2回目:ヘイキ・コバライネンがトップタイム

2009年10月30日
F1アブダビGP フリー走行2回目
F1最終戦 アブダビGPのフリー走行2回目が30日(金)、ヤス・マリーナ・サーキットで行われた。

アブダビGPは、F1初となるトワイライトレースで行われる。フリー走行2回目は、ちょうど決勝レースのスタートと同じ時間に開始され、日没から徐々に人工照明に変わるなかでのセッションとなった。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのはマクラーレンのヘイキ・コバライネン。2番手にもルイス・ハミルトンが続き、マクラーレン勢が力強いスタートを切った。3番手にはブラウンGPのジェンソン・バトンが続いた。

ティモ・グロック 「トヨタに残る可能性は低い」

2009年10月30日
ティモ・グロック トヨタ離脱の可能性を認める
ティモ・グロックは、今シーズン限りでトヨタを離れる可能性が高いことを認めた。グロックは、ルノーかマノーへの移籍が有力視されている。

トヨタは、グロックに対して2010年のオファーを出したとみられているが、グロックは彼のキャリアの新しいフェーズに進みたがっているようだ。

ティモ・グロックは、ロバート・クビサのチームメイトとしてルノーと契約間近だとされているが、ヴァージンが支援するとされるマノー・チームへの選択肢も否定していない。

F1アブダビGP フリー走行1回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2009年10月30日
F1アブダビGP フリー走行1回目
F1最終戦 アブダビGPのフリー走行1回目が30日(金)、ヤス・マリーナ・サーキットで行われた。

2009年のフィナーレとして初開催されるF1アブダビGP。できたばかりのヤス・マリーナ・サーキットは、美しい現代的なトラック。全てのドライバーが午前中のフリー走行がヤス・マリーナでの初走行となった。

フリー走行1回目のトップタイムを記録したのは、マクラーレンのルイス・ハミルトンで、タイムは1分43秒939。2番手にはブラウンGPのジェンソン・バトン、3番手にはレッドブルのセバスチャン・ベッテルが続いた。

ジョナサン・ウィートリー:Q&A (レッドブル チームマネージャー)

2009年10月30日
ジョナサン・ウィートリー レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのチームマネージャーであるジョナサン・ウィートリーは、アブダビの砂漠にサーキットができる様子や、チームが中段グループから2009年度のチャンピオン候補となるまでを見つめてきた。彼にこのサーキットについて訊ねると同時に今年を振り返ってもらった。

アブダビのサーキットの印象は?
初めてここを訪れたのはバーレーンの後で、その時はまだ埃だらけといった感じだった。舗装が済んでいるのはピットストレートだけで、建物も工事中だったし、今滞在しているホテルも基礎しか出来ていなかった。彼らは本当に驚くべき仕事をしたと思うよ。2回目に来たのは3日前だったが、工事は全て終わっていた。こんなに凄いサーキットは見たことがない。雰囲気も最高だ。素晴らしいサーキットが完成した。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 42 | 43 | 44 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム