親友であるフェルナンド・アロンソとロバート・クビサ
来年フェラーリに移籍するフェルナンド・アロンソは、ルノーに自身の後任としてロバート・クビサを推薦している。

BMWがF1から撤退するため、ロバート・クビサとBMWザウバーが結んでいた2010年の契約は無効となり、クビサは移籍市場に出ている。

「彼は僕の親友の一人であり、最高のドライバーの一人だ」とアロンソは語る。

「チャンスがあるなら彼を推薦したい」

ルノーは、来週アロンソの後任を発表するとしており、ロバート・クビサが最有力候補であるとの見方が強い。

ルノーの計画が彼の計画と合うかと質問されたクビサは「イエスでもありノーでもある」と語る。

「交渉はしているけど、現時点では最終決定は下していない」

「来年レースをするチームでは、チャンピオンシップ争いをしたいと主張しなくてもいいことを願っている」

「僕の将来のチームは、何をするべきか知っているはずだ。彼らを説得する必要がないことを期待している」

関連:
ルノー、ロバート・クビサとの契約を正式発表 - 2009年10月7日
ルノー、来週アロンソの後任ドライバーを発表 - 2009年10月1日
フェラーリ、フェルナンド・アロンソとの契約を正式発表 - 2009年9月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ロバート・クビサ