アントニオ・ジョビナッツィ、ニキータ・マゼピンの後任候補に浮上 / ハースF1チーム
スクーデリア・フェラーリのリザーブドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィが、今シーズン、ハースF1チームのニキータ・マゼピンの後任候補としてF1復帰する可能性が噂されている。

ロシアがウクライナに侵攻した後、2022年のニキータ・マゼピンのシートは疑わしいものとなっている。ハースF1チームは、F1バルセロナテストの最終日にロシアのスポンサーであるウラルカリのブランドをマシンから削除した。

ハースF1チームは、3月10日にバーレーンで始まる次のテストでウラルカリが車に戻るかどうかをまだ明らかにしていない。戻らなかった場合、それはスポンサー契約が無効であることを意味し、ニキータ・マゼピンのチーム内のポジションにも影響を与えることになる。

ニキータ・マゼピンは、父親のドミトリーが所有するウラルカリに支えられており、F1シートの代金を支払っている。

ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンの将来は“解決”する必要があると認めており、「政府が関与しており、私には政府に対する権限がなく、ウクライナの状況がどのように進展するかを確認する必要がある」と語っている。

その後、ギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンが「何らかの理由で運転しない場合、最初の連絡はピエトロに行くだろう」と付け加えた。

「彼は数年間我々と一緒にいる。それから我々は次に何をすべきかを見るだろう」

彼はチームを知っており、マシンを知っている。その時その時で飛び込むには、この時点でピエトロに勝る者のはいない」

ピエトロ・フィッティパルディは、2020年にロマン・グロージャンの代役としてハースF1チームとF1サヒールGPとF1アブダビGPの2戦に出場し、両方のレースを最下位で終えている。

ギュンター・シュタイナーは、ピエトロ・フィッティパルディを言及したが、彼が唯一の選択肢ではないかもしれないと推測する専門家がいる。

Motorsport.comのイタリア語版は、スクーデリア・フェラーリのリザーブドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィが介入する可能性があると主張する。

28歳のアントニオ・ジョビナッツィは、現在、ドラゴン/ペンスキー・オートスポーツでフォーミュラEでレースをしているが、契約に終了条項があり、空席ができた場合にF1に戻ることができる。

Motosport.comは、アントニオ・ジョビナッツィの方が「はるかに可能性が高い」とし、「フェラーリのサポート」によってハースF1チームの代役の列の先頭にジャンプしていると主張している。
「ジョビナッツィは最近、ドラゴンチームとのフォーミュラEプログラムを開始したが、契約を締結してチャンスをすばやくつかむことを可能にする終了条項が常にある」

アントニオ・ジョビナッツィは、62レースに出場しており、ピエトロ・フィッティパルディよりもはるかに多くのF1経験を持ち、21ポイントを獲得している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / フェラーリ / ハース / ニキータ・マゼピン