アントニオ・ジョビナッツィ 「お金が支配するとF1は冷酷になる」
アントニオ・ジョビナッツィは、アルファロメオF1のシートを喪失し、新たに契約した周冠宇に代えられることへの不満を示した。

アルファロメオF1は、11月16日(火)に2022年のF1ドライバーとして周冠宇を起用することを発表。噂では周冠宇は2500万ドル(約28億5000万円)のスポンサーパッケージをチームにもたらすとされている。

アントニオ・ジョビナッツィは、アルファロメオF1のシート喪失が発表された後にTwitterに投稿。お金がF1を支配していると恨み節を唱えた

「F1は感情、才能、マシン、リスク、スピードだ。しかし、お金が支配するとき、それは冷酷なものになる」とアントニオ・ジョビナッツィは投稿。

「僕は、自分のコミットメントのおかげで大小の勝利が達成されるという予期せぬ結果のサプライズを信じている」

おもちゃのレーシングカーに乗った子供の頃の写真を投稿したアントニオ・ジョビナッツィは次のように付け加えた。

「これがF1マシンでの私の最初の写真なら、最後の写真を撮らなければならない」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / アルファロメオF1