アントニオ・ジョビナッツィ 「2022年のアルファロメオF1残留は不確実」
アントニオ・ジョビナッツィは、アルファロメオF1での3年間の滞在が2022年に延長されるかどうかについてはまだ何の兆候も受けていないと認める。

アントニオ・ジョビナッツィが分かっている唯一のことは、ベテランのキミ・ライコネンが今シーズン終わりにF1から引退すると発表したことで、4シーズン連続でライコネンとチームメイトになることはないことだ。

しかし、アントニオ・ジョビナッツィもアルファロメオF1に残留するかどうかは不確実であり多くのドライバーが彼のシートにリンクされている。

最有力候補として名前が挙げられているのが、2019年のF2チャンピンであり、今季のフォーミュラEチャンピオンに輝いニック・デ・フリースだ。ジョージ・ラッセルのメルセデス昇格によってシートを失うバルテリ・ボッタスとともにアルファロメオでチームを組むとされている。

また、ニック・デ・フリースは、メルセデスと強い繋がりを持っている。彼はメルセデスF1チームのテスト兼リザーブドライバーであり、フォーミュラEでもメルセデスのチームでドライブしている。

一方、アントニオ・ジョビナッツィはフェラーリと提携しており、フェラーリのハイパーカークラスでのWEC(FIA 世界耐久選手権)への参戦が2023年に開始された場合、彼らのドライバーの1人になる可能性があるとの噂がある

しかし、今のところ、アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、新しいF1レギュレーションが導入される2022年まで23歳のアントニオ・ジョビナッツィが保持されるかどうかについての手がかりを与えられていない。

アントニオ・ジョビナッツィは、F1オランダGPの週末の前夜に、フレデリック・ヴァスールに4回目のキャンペーンに値することを示すために何をしなければならないと質問され、次のように語った。

「それは明らかだ。フレッドを納得させるには、もっと早く走り、良い結果を残る必要がある。あとはフレッドの決断だ」とアントニオ・ジョビナッツィはコメント。

「どうなるか見てみるつもりだけど、僕の優先事項は来年ここにいることであるのは確かだし、アルファロメオと一緒にいたいと思っている」

決定のタイムラインが与えられているかと質問されたアントニオ・ジョビナッツィは「残念ながら、まだだ。でも、今月か来月がその月になると確信している」と答えた。

今シーズン、F1モナコGPでの1ポイントしか獲得していないアントニオ・ジョビナッツィは、キミ・ライコネンとのパートナーシップが間もなく終了することを残念に思っていると語る。

「キミは素晴らしいドライバー、素晴らしい世界チャンピオン、特別な人物だ。そして特に、トラックの内外で本当にフェアな人だ」とアントニオ・ジョビナッツィは語った。

「僕にとって、彼はF1でのキャリアをスタートさせるのに最適なチームメイトだった。彼から多くのことを学び、ここ数年本当に楽しかった。2017年にフェラーリにいたときから、僕たちは素晴らしい関係を築いていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / アルファロメオ・レーシング