F1 アメリカGP
F1アメリカGPに先駆け、サーキット・オブ・ジ・アメリカズのターン16&17に縁石が追加された。

昨年のF1アメリカGPでは、最終ラップのターン17でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がキミ・ライコネン(フェラーリ)をかわして3位でフィニッシュラインを通過した。

しかし、スチュワードはマックス・フェルスタッペンがキミ・ライコネンをオーバーテイクする際に4輪すべてがコースを出ていたとして5秒加算ペナルティを科し、表彰台の待機室で決定を知らされたフェルスタッペンは、レース後に怒りを露わにした。

サーキット・オブ・ジ・アメリカズは、問題となったこのコーナーに縁石を追加。縁石は長さ2m、幅1m、高さ50mmとなり、ドライバーはコーナーをカットすることはできなくなる。

F1アメリカGPでは2つのDRSゾーンが設置される。1つ目はターン10の150m前に検知ポイントが設置され、ターン11後の250mから開始される。2つ目はターン18の出口後の65mに設置され、最終コーナー後の80mから開始される。

マックス・フェルスタッペン vs キミ・ライコネン (2017年 F1アメリカGP)

関連:2018年 F1アメリカGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1アメリカGP