アルピーヌの2021年06月のF1情報を一覧表示します。

フェルナンド・アロンソ 「同じサーキットでの2連戦は無意味」

2021年6月29日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「同じサーキットでの2連戦は無意味」
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、レッドブル・リンクで2週連続で別のレースを行う背後にある論理に疑問を投げかけている。

オーストリアでのダブルヘッダーは昨年7月に2020年シーズンをスタートさせたが、F1は新型コロナウイリスのパンデミックによってF1トルコGPが延期された後、2021年シーズンのためにレッドブル・リンクで再びダブルヘッダーを組織することを余儀なくされた。

アルピーヌF1、周冠宇をF1オーストリアGPのフリー走行1回目に起用

2021年6月29日
アルピーヌF1、周冠宇をF1オーストリアGPのフリー走行1回目に起用
アルピーヌF1は、テストドライバーであり、現在F2のチャンピオンシップリーダーである周冠宇を今週末のF1オーストリアGPのフリー走行1回目に起用する。

周冠宇は、レッドブル・リンクでの最初のプラクティスセッションでフェルナンド・アロンソのA521をドライブ。グランプリ週末に参加する中国人ドライバーが出走するのは8年ぶりとなる。

フェルナンド・アロンソ 「今日は9位以上は難しかった。入賞できて満足」

2021年6月28日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「今日は9位以上は難しかった。入賞できて満足」 / F1シュタイアーマルクGP 決勝
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年F1シュタイアーマルクGPの決勝で9位入賞を果たした。

シーズン序盤はチームメイトのエステバン・オコンに負けていたフェルナンド・アロンソだが、ここ数戦では鋭さを取り戻している。チームメイトがQ1で敗退したマシンで9番グリッドを獲得し、混戦の中断勢のなかでしっかりとポイントを獲得した。

F1:アラン・プロスト 「フェルナンド・アロンソはベストの状態に戻った」

2021年6月24日
F1:アラン・プロスト 「フェルナンド・アロンソはベストの状態に戻った」
アルピーヌF1のアドバイザーを務めるアラン・プロストは、F1に復帰して7戦を終えたフェルナンド・アロンソが、ベストな状態に戻ったと確信していると語る。

2年のブランクを経てアルピーヌF1から復帰したフェルナンド・アロンソだったが、チームメイトのエステバン・オコンに何度も敗れるなどやや期待外れなスタートとなっていた。

角田裕毅、7つ順位を上げるも無得点「予選に取り組んでいく必要がある」

2021年6月21日
角田裕毅、7つ順位を上げるも無得点「予選に取り組んでいく必要がある」 / F1フランスGP 決勝
角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、予選Q1でのクラッシュを受けてF1フランスGPをピットレーンからスタート。7つ順位を上げて13位でフィニッシュした。

前日の予選でクラッシュを喫した角田裕毅は、ギアボックスの交換に加えて、予選と異なる仕様のフロア装着とサスペンションセッティングの変更を行ったため、レギュレーションによって最後尾からのピットレーンスタート。スタートタイヤにミディアムタイヤを選択した。

フェルナンド・アロンソ 「予想通りの結果だし、満足している」

2021年6月20日
フェルナンド・アロンソ 「予想通りの結果だし、満足している」 / アルピーヌ F1フランスGP 予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年 F1フランスGPの予選を9番手で終えた。

「今日は満足していいと思うし、だいたい僕たちが予想していた位置だ。予選にむけてペースは良そうだったし、いくつかの例外を除けば、セッション中にほとんどのラップを最大化できたと感じている」とフェルナンド・アロンソはコメント。

エステバン・オコン 「枠にとらわれずに戦略を考える必要がある」

2021年6月20日
エステバン・オコン 「枠にとらわれずに戦略を考える必要がある」 / アルピーヌ F1フランスGP 予選
アルピーヌF1のエステバン・オコンは、2021年 F1フランスGPの予選を11番手で終えた。

「トップ10に入れなかったのは残念だけど、明日勝負できることが重要だと分かっている。マシンはソフトでフィーリングが良く、予選Q1で良いスタートを切れたけど、Q2ではミディアムでペースが足りなかったと思う。小さなマージンが重要だし、それがQ3に進めるかどうかの違いになる」とエステバン・オコンはコメント。

アルピーヌF1 「オコンとの新契約にメルセデス移籍の解除条項はない」

2021年6月19日
アルピーヌF1 「オコンとの新契約にメルセデス移籍の解除条項はない」
アルピーヌF1のCEOを務めるローラン・ロッシは、エステバン・オコンとの新しい3年契約には、メルセデスが彼と契約することを可能にする解除条項は存在しないことを明らかにした。

今週水曜日、アルピーヌF1は、エステバン・オコンと2024年末までの3年契約を新たに締結したことを発表。新契約について、オコンは彼のマネジメントを兼ねているメルセデスとの“つながり”は維持しているが、そ例外では“完全にアルピーヌのドライバー”だと語っていた。

エステバン・オコン、アルピーヌF1との長期契約で「肩の荷が下りた」

2021年6月18日
エステバン・オコン、アルピーヌF1との長期契約で「肩の荷が下りた」 / F1フランスGP
エステバン・オコンは、アルパインF1との新たに長期契約にサインしたことで“肩の荷が下りた”と語る。

今シーズン末でアルピーヌF1と契約が切ることになっていたエステバン・オコンは、ピエール・ガスリーにシートを奪われるという敵的な噂があり、シーズンを通してF1での将来について憶測があった。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム