アルピーヌF1 「オコンとの新契約にメルセデス移籍の解除条項はない」
アルピーヌF1のCEOを務めるローラン・ロッシは、エステバン・オコンとの新しい3年契約には、メルセデスが彼と契約することを可能にする解除条項は存在しないことを明らかにした。

今週水曜日、アルピーヌF1は、エステバン・オコンと2024年末までの3年契約を新たに締結したことを発表。新契約について、オコンは彼のマネジメントを兼ねているメルセデスとの“つながり”は維持しているが、そ例外では“完全にアルピーヌのドライバー”だと語っていた。

以前、エステバン・オコンはメルセデスF1の育成プログラムのメンバーであり、2020年にはワークスメルセデスのF1ドライバー候補に挙げられていたが、最終的に当時のルノーに移籍することが決定した。

ローラン・ロッシは、F1フランスGPの金曜日のFIA記者会見で、エステバン・オコンとの3年間の延長された新しい契約には、メルセデスへの移籍を許可するためにトリガーできる条項がないことを明らかにした。

「彼はメルセデスがマネジメントするドライバーだ。それだけだ」とローラン・ロッシは語った。

「したがって、彼は常に彼らのマネジメント下にあるが、メルセデスが彼をチームから追い出すような条項はない。ノーだ。彼は今後3年間我々と一緒にいる」

エステバン・オコンは、エンストンを拠点とするチームで2回目のフルシーズンの早い段階で感銘を与え、完走した5レースのうち4レースでポイントを獲得している。

そのパフォーマンスは、アルピーヌが早期に交渉を開始し、夏休みの前に契約を結ぶという動きに一役買った。ローラン・ロッシは、エステバン・オコを4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストのアプローチと比較した。

「彼は素晴らしいチューナーだ。彼は私に多くのアランを思い出させる」とローラン・ロッシは語った。

「彼はマシンから最大現を引き出すのが非常に得意であり、それが絶えず改善していることを示している。彼もとても速い。速いマシンに与えれば、彼はそれをすべての予選で示してくれる。それが彼はとても良いドライバーにしている」

「彼は良いチームメイトだ。彼はチームの他のメンバーと仲がいい。私がチームメイトと言うとき、それは他のドライバーだけでなく、チームの他のメンバーにも当てはまる。彼は基本的にみんなを押し上げている。彼はチームににとって素晴らしい人材だ」

ローランス・ロッシは、ドライバーが早くにチームを離れるのを見たくはなく、2022年に始まるレギュレーションサイクルに沿ったものにするために3年間の契約が合意されたと説明した。

「来年から始まる3年間のレギュレーション期間だ」とローラン・ロッシは語った。

「我々はルノーで物事の中長期的な見方をしている。長くここにいたいので、その第一歩を確保したかった」

「最初のステップは3年だ。私たちはエステバンを十分に見てきたし、彼が優れていることを知っている。二年後に別のドライバーを探して、再びここにいたくはない。最近の過去は、それが本当に正しい方向に変わることは決してないことを示している。もし良いドライバーがいるなら、彼らを維持したい」

「したがって、それは我々にとっても、彼にとっても良いことだと思う。我々には長い道のりがあり、彼はプロジェクトに賛同し、我々のプロジェクトに信頼性を追加してくれる」

「私にとって、それは我々がドライバー部門で駆け引きをしないことを保証するものでもある。エステバンは間違いなくトップ10のドライバーの最小値だ。ここで大きなミスはしていない」

「私にとって、それは頭を悩ませるものではなかった。長い旅の一部であり、エステバンはその型に非常によくフィットしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / メルセデス / エステバン・オコン