レッドブル/アルファタウリ、デ・フリースとの契約をF1日本GP週末に発表の可能性
レッドブルは、ニック・デ・フリースとの2023年のスクーデリア・アルファタウリとのレース契約をF1日本GPが開催される今週に発表する可能性が高いとされており、これはピエール・ガスリーがアルピーヌF1チームへ移籍する道を開くだろう。

先月、モンツァで開催されたF1イタリアGPでウィリアムズで急遽F1デビューを飾り、トップ10入りする素晴らしいパフォーマンスを見せた後、ニック・デ・フリースはオーストリアでレッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコとアルファタウリとのレース契約について会談した。

先週末のシンガポールでは、フランスの放送局 Canal+ が、両当事者間の契約が合意され、F1日本GPの週末に鈴鹿サーキットで正式発表が予定されていると報じた。

オーストリアの ORF に語ったヘルムート・マルコは、それほど多くのことを認めなかったが、今後数日中に契約が発表されることを期待していると述べた。

「話し合いはある」とヘルムート・マルコは語った。

「そして、来週末までに明確な状況が得られることを願っている。それは鈴鹿までに決定されると思う。その後、我々は何をするかを言うことができる」

レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ピエール・ガスリーが2023年末までレッドブルとの契約を維持すると主張して、より回避的だった。

「ピエール・ガスリーはレッドブル・レーシングと契約を結んでおり、それは変わっていない」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「誰もが彼がいなくなると思っている。しかし、彼はまだ我々と契約を結んでおり、アルファタウリに配属されている。それが変わらない限り、後継者の可能性については何も言うことはに」

F1日本GPの週末は、アルファタウリの主要なドライバーの発表と、マックス・フェルスタッペンが2022年のタイトルを獲得する別のチャンスであり、レッドブルにとって大きな週末になる可能性がある.

F1日本GPで勝利とファステストラップを記録すれば、マックス・フェルスタッペンはライバルがどこでフィニッシュするかに関係なく、2年連続のF1ワールドチャンピオンを獲得することになる。日本での戴冠式は、ホームレースのホンダを喜ばせるのにも大いに役立つだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ニック・デ・フリース