アルファタウリF1 「角田裕毅は必要なマシンバランスが得られていない」 / マイアミGP 金曜フリー走行
スクーデリア・アルファタウリのチーフレースエンジニアを務めるジョナサン・エドルズが、2022年F1第5戦マイアミGPの金曜フリー走行を振り返った。

「新しいサーキットに来ると、金曜日のセッションでは常にカバーしなければならない作業がたくさんあり、予選とレースに備えるためのデータをキャプチャするための非常に包括的なテストプランを持ってここに来た」とジョナサン・エドルズはコメント。

「新しいターマックは他のサーキットと比べて粗さが非常に際立っており、特に今シーズンこれまでで最も暑い50°Cを超える高い路面温度でタイヤがどのように相互作用するかを理解するために完了しなければならない学習があった」

「FP1では予想通りトラックの進化が大きく、裕毅はセッションの早い段階でソフトでクリーンラップを設定することができなかったが、まだまだポテンシャルあることはわかっていた。ストレートが非常に長いため、ここではすべての車のダウンフォースレベルが低くなっており、コーナーでの車のハンドリングは以前のイベントよりも困難だった」

「FP2にむけていくつかの変更を加え、バランスを改善した。ピエールは非常に良いラップを設定して7番手に到達することができたが、裕毅に関しては、このトラックに必要なバランスの取れた車を持っていなかったので、明日のためにそこを改善するために今日のデータの分析に一生懸命取り組んでいく」

「レッドフラッグにより、高燃料での走行が短縮された。これは、すべてのチームがレースタイヤのデータを欠いていることを意味し、レースでも学習を継続することになるだろう!」

スクーデリア・アルファタウリ F1 マイアミGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / F1マイアミGP