アルファタウリF1代表 「角田裕毅にはまだまだポテンシャルがある」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、チームが競争力を高める必要があることを認める。

昨年、コンストラクターズランキングを6位で終えたスクーデリア・アルファタウリは、今季の目標を5位以内に掲げていたが、現状では7位に沈んでいる。

フランツ・トストは、問題はドライバーではないと語る。

「(ピエール)ガスリーは最高のドライバーの1人になりつつある」とフランツ・トストはSport1に語った。

「我々が彼に適切な車を与えれば、彼はレースに勝つことができる。残念ながら、我々の車は現在これを行うことができない。我々のエンジニアは解決策を見つける必要がある」

フランツ・トストはまた、グリッドで2年目を迎えた角田裕毅がに満足している。実際、角田裕毅はこれまでのところピエール・ガスリーを数ポイント上回っている。

「彼は2年目だが、我々は彼にとても満足している」とフランツ・トストは語った。

「私は常にF1でドライバーが完全に落ち着くまでに3年かかると言っている」

「角田は引き出せるポテンシャルはまだまだたくさんある」

より全体的な2022年シーズンに関して、フランツ・トストは、レッドブル・レーシングがスクーデリア・フェラーリとの戦いに戻るために。イモラは「素晴らしいレースウィークエンド」だったと語った。

「現在、レッドブルとフェラーリは、別の世界で運転している」とフランツ・トストは語った。

「フェルスタッペンはすでに41周目に人々を周回遅れにし始めていた」

「フェラーリもそこにいるはずだったが、イモラは再び世界選手権への扉を開いた」

角田裕毅 スクーデリア・アルファタウリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / 角田裕毅