アルファタウリF1代表 「角田裕毅の無線は彼自身とチームを傷つける」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、角田裕毅が無線で冷静さを失う傾向があることは、彼自身とチームの両方を傷つける可能性があることを認めている。

ルーキーの角田裕毅は、シーズン序盤にスランプとともに無線での暴言が悪い意味で話題になった。シーズン後半に成績が減ってくるととに、無線での下品な言葉遣いも幾分少なくなってきた。

「後悔しています。僕はいつも自分の言うことをコントロールしようとしますが、難しいこともあります。頑張っています。いつも改善したいと思っています」と角田裕毅はFormula1.comに語った。

アルファタウリ・ホンダF1のチームプリンシパルであるトストは、角田裕毅と無線について話したことがあるが、ドライバーが熱くなっているなかで冷静さを保つのは難しいかもしれないことも認めている。

「彼に『これは言うな。君のイメージに良くない。チームにも良くない。静かにしていろ』と言うことはできる」とフランツ・トストは語る。

「彼はバイザーを閉じ、マシンの中に座って、問題を抱えている。どんな理由であれ、彼は動揺ている。人々は、これがF1カーであることを理解しなければらない。ドライバーからの攻撃があるに違いない。ただ転がっているだけではない。彼らはアドレナリンを持っている必要がある。そうでなければパフォーマンスを示すことはできない」

フランツ・トストは、感情の爆発が関係者全員に損害を与える可能性があると感じており、角田裕毅が落ち着きを保つことを学ぶことができることを望んでいる。

「私は彼にそれをしないように要求するだろう。彼は自分自身に叫ぶことができる。ラジオのスイッチを入れずにね。それは彼を傷つけ、そしてそれはチームを傷つける」

一方、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、角田裕毅のメッセージの他の問題を引き起こす可能性があると考えている。

「彼の言語はあまり日本的ではない」とマルコは言った。

「それは彼に日本で悪い評判を与える。彼がその意味を知っているかどうかはわからない」

角田裕毅は、ルーキーシーズンに32ポイントを獲得し、ドライバーズチャンピオンシップ14位でフィニッシュした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / 角田裕毅