アルファタウリ・ホンダF1 「予選でパフォーマンスを披露する自信がある」 F1カタールGP 金曜フリー走行
アルファタウリ・ホンダF1のチーフレースエンジニアを務めるジョナサン・エドルズが、2021年F1カタールGPの金曜フリー走行を振り返った。

アルファタウリ・ホンダF1は、ピエール・ガスリーが2番手、角田裕毅が7番手と初めてのロサイル・インターナショナル・サーキットで初日に速さをみせた。

「新たなサーキットに来るということは、金曜日に様々な作業があるということだ。そのため両マシンともサーキットの把握、それにより要求されるセットアップ、タイヤ、空力などの構成の把握をメインの目標として、かなり忙しいプランを進めていった」とジョナサン・エドルズ。

「その日の最高気温の中で行われたFP1と早朝に行われたFP2の間で路面温度が約15℃も違ったため、作業は困難になった。とはいえ、走行プランとテストアイテムは全てこなすことができ、今のところかなり周りと戦えていると思う」

「特にショートランでは、全体的に両ドライバーともに好調だった。ロングランはタイヤにとって少しチャレンジングだったので、明日に向けていくつか作業をしたいと思うが、今夜の解析のためのデータをかなり多く集めることができたし、マシンのパフォーマンスを容赦なく最大限に引き出してくれる素晴らしいエンジニアチームがいる」

「したがって、今夜まだまだマシンを改善できると思っているし、明日の予選で最高のパフォーマンスを披露できる自信がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / F1カタールGP