アルファタウリ・ホンダF1 「今週末は現実的な目標を…Q3を目指す」 / F1フランスGP 金曜フリー走行
アルファタウリ・ホンダF1のチーフレースエンジニアを務めるジョナサン・エドルズが、2021年 F1世界選手権 第7戦 F1フランスGPの金曜フリー走行を振り返った。

前戦バクーでは、ピエール・ガスリーが3位表彰台、角田裕毅が7位入賞と今季初のダブル入賞を果たしたアルファタウリ・ホンダ。よりノーマルなサーキットであるポール・リカールでは“現実的な目標”を設定しているとジョナサン・エドルズは語る。

「バクーでの素晴らしい結果とともにフランスに向かったが、通常のサーキットに戻ることもあり、今週末の目標を現実的なものとしている」とジョナサン・エドルズは語った。

「金曜日に取り組んだ主要な分野の1つは、高く設定されたリアタイヤの空気圧に合わせてマシンをセットアップし、非常に暑いサーキットでのパフォーマンスを管理することだった」

「この必要な学習に加えて、FP1は、AT02のいくつかの特性と、より標準的なトラックに適用する方法をさらに理解するために、バクーで観察されたマシンのパフォーマンスのいくつかの発見に基づいたセットアップ作業のマトリックスに焦点を当てました。したがって、2台とも非常に忙しいセッションだったが、残念なことにターン2で膨らんだピエールのマシンのフロアにダメージを負ってしまった。彼はこれで何周かを失ったが、それでもFP2に向けて分析するための多くのデータを収集することができた。この学習を使用して、午後のセッションでは2台のマシンのセットアップをさらに適応させたが、その変更は正しい方向に進んだようだ」

「今回もトラフィックが発生したため、完全にクリーンなラップはなかったが、ラップをつなぎ合わせれば、パフォーマンスは有望だ。特に2人のドライバーがバランスについてはまだ改善の余地があると感じていたので、期待通りの結果といえる。今夜は多くのことを検討する必要があるが、明日はすべてをまとめてQ3を目指す」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1