アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン 画像ギャラリー / 2021年F1マシン
アルファタウリ・ホンダF1は、2021年F1マシン『AT02』のシェイクダウンを実施。2月19日(金)に公開されたローンチ仕様とは異なるノーズ形状とフロントサスペンションが注目を集めている。

アルファタウリ・ホンダF1は、2月24日(水)にイモラ・サーキットでフィルミングデーを利用して『AT02』のシェイクダウンを実施。角田裕毅とピエール・ガスリーが参加した。

フィルミングデーは走行距離が100kmに制限されていることもあり、サーキットには無制限に走行できる2019年の『STR14』も持ち込まれ、走行が行われた。

話題となっているのはAT02に搭載されたローンチ仕様とは異なる新型ノーズとフロントサスペンションだ。先端に突起がなく、全体が細くなっているノーズは、フロントウイングの取り付け位置も内側に移動している。

アルファタウリ・ホンダF1は、2021年F1マシンの開発で許可されている2つのトークンをフロント周りに使ったことを明らかにしている。

アルファタウリ・ホンダF1のテクニカルディレクターであるジョディ・エギントンは「2つのトークンを新しいノーズに使用することを選択し、アウトボード・フロントサスペンションも再設計した」とコメント。

「その結果、技術規則で許可されているように、レッドブル・テクノロジーズが提供するステアリング・コンポーネントの一部を2020年仕様にアップデートすることを選択した」

アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン 画像アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン 画像アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン 画像アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン 画像アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン 画像アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン 画像アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン 画像アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン 画像アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン 画像アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン 画像アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン 画像アルファタウリ・ホンダF1 AT02 シェイクダウン 画像

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1